ソノノチ上演情報/風景演劇プロジェクト(「とうおんアートヴィレッジフェスティバル」参加作品)

東温市初となるアーティスト・イン・レジデンス企画、始動します!

ソノノチでは、愛媛県東温市で毎年開催されるアートの祭典「とうおんアートヴィレッジフェスティバル」の企画の一環として、東温市の中山間地域でアーティスト・イン・レジデンスに取り組むことになりました。

東温市に延べ一ヶ月ほど滞在をして、会場リサーチと作品制作、現地での生活をしながら、「日常的な風景の中でキラリと光るもの」に焦点をあてて、その場所でその瞬間にしか生み出せないパフォーマンス作品を発表します。

東温で出会った出演者の方と京都からのメンバーが融合してお届けする今作品。

上演は9月です。ぜひお楽しみに!

東温の風景の中で見るパフォーマンス
《風景演劇プロジェクト》

上演日:2021年9月25日(土)〜 26日(日)
場 所:東温市中山間地域内

構成・演出:中谷和代
出演:芦谷康介、大岩主弥、桐子カヲル、筒井茄奈子、藤原美保、日置あつし

演出部:北方こだち
楽曲制作:瀬乃一郎(廃墟文藝部)
衣装:たかつかな(何色何番)
舞台監督:脇田友(スピカ)
宣伝美術:ほっかいゆ r ゐこ
イラスト:森岡りえ子
制作:渡邉裕史
制作補佐:小寺春翔
アーカイブ:柴田惇朗

協力:東温アートヴィレッジセンター 、とうおんアート・ラボ、日向花愛、
コキカル、サファリ・P、スピカ、何色何番、廃墟文藝部、プロダクション航路延長、PPP

企画制作:NPO法人シアターネットワークえひめ
共催:東温市
主催:東温市移住定住促進協議会

助成:令和3年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業
supported by KAIKA

 

<東温市でのアーティスト・イン・レジデンスについて>

  

ソノノチもこの機会に初めて訪れる愛媛県東温市。

都市の利便性と農村の緩やかな暮らしが調和するこの街では、「アートヴィレッジとうおん構想」を掲げ、アーティストの受け入れ促進と芸術に気軽に触れることができる環境づくりをひとつの柱としています。

これまでも「アートヴィレッジTOON戯曲賞」という上演を前提とした戯曲賞を開催するなど、舞台芸術に関わる「仕事」と「学びの場」を創出し、舞台芸術を通じて「まち・ひと・しごと」の好循環を生み出すまち「舞台芸術の聖地」を目指すまちづくりを行っている街です。

今回のアーティスト・イン・レジデンス企画は、「アートヴィレッジとうおん構想」の取り組みの一環として、東温市の豊かな自然と、人の暮らしが共存している中山間地域にアーティストが滞在しながら、その土地の自然や風景、人の営みや風土を活かした作品の創作を行います。

ソノノチ上演情報/「原泉アートデイズ!2021」で作品を発表します

「HARAIZUMI ART DAYS! 2021」


3年連続でこの現代アート展の参加アーティストの1組として関わらせていただくことになりました!

原泉は、ソノノチの第二創作拠点となってきています。
滞在制作を通じて、生活と創作のサステナビリティをこの場所で追求していきます。

今年のテーマは「相互作用」。

イベントの詳細については、「原泉アートプロジェクト」のWEBサイトでご覧ください。
http://haraizumiart.com

\クリエイションメンバーのお知らせ/

原泉でのクリエイションメンバーのお知らせです。

このメンバーと原泉で滞在制作をして新作をつくり、「HARAIZUMI ART DAYS! 2021」で発表します!

構成・演出:中谷和代

クリエイションメンバー:芦谷康介(サファリ・P)、岡田眞太郎(劇団トム論)、下寺孝典(TAIYA)、瀬乃一郎(廃墟文藝部)、たかつかな(何色何番)、中谷利明、neco(劇団三毛猫座)、藤原美保、ほっかいゆ r ゐこ、森岡りえ子、脇田友(スピカ)、渡邉裕史

サポートメンバー:柴田惇朗、小寺春翔、日向花愛(スピカ)

【HARAIZUMI ART DAYS! 2021】

■日程:
2021年10月14日(木)〜11月28日(日)10:00-16:00 (月、火、水 休業)

■参加アーティスト(順不同):
中瀬千恵子、野々上聡人、ソノノチ、近藤愛子、安藝悟、Robin Owings、都築透、omedarida、井口貴夫、みなみりょうへい、弓塲勇作 他

■メインビジュアル:
Robin Owings『澄んだ流れ』(HARAIZUMI ART DAYS! 2020より)

【期間限定公開】「風景演劇」シリーズの映像公開

『たちまちの流(ながれ)』から『風景によせて2020』『風景によせて2021』まで
過去作品やインタビュー映像の計4本を、ソノノチYouTubeチャンネルで、無料公開しました!

【公開期限】
6月30日(水)まで


今年のソノノチは、静岡 原泉・愛媛 東温の2都市で、アーティスト・イン・レジデンスを行うフェスティバルに参加します!

それぞれの土地で、どのように創作をしていくかを模索しながら、山間部にこもって、じっくりと作品を創っていく予定です。

今年も、拠点の京都市内近郊では上演の予定がありませんが、各地でそのとき・その場所だからこそ、観れる作品を創作していきます!

そこで、今年の創作が本格化していくことに向けて、これまでのソノノチの「風景演劇」シリーズが、どんな上演であったかをご覧いただけるように、この6月の期間限定で、過去作品や創作風景を公開します!

これまでソノノチの作品をご覧になったことのある皆様にも、初めていく土地の皆様にも、ぜひご覧いただけますと幸いです。

【公開映像】

ソノノチ2020『たちまちの流(ながれ)』会場:京都芸術センターフリースペース

『風景によせて2020』創作プロセス・インタビュー映像(ダイジェスト版)

『風景によせて2020』-さんさん ぽわぽわ ぐう- ダイジェスト 場所:静岡県掛川市萩間の集落一帯

『風景によせて2021』風景での上演 場所:旧質美小学校(質美笑楽講)小学校の外に広がる風景