【公演終了しました】ソノノチ2018「つながせのひび」

ソノノチ2018「つながせのひび」
東京、愛知、京都の3都市、全20ステージが終演致しました。

ご来場いただいた皆様、応援いただいた皆様、そして絵本印刷のクラウドファンディングに
ご支援いただいた皆様、本当にありがとうございました。

旗揚げ5周年の折に地元京都を飛び出し、初の3都市ツアーを行い、
新たな土地や会場とのご縁は、それぞれどれもそこに行くからこそ味わえる素晴らしい
ものになりました。ひとつひとつの出会いに、本当に感謝しています。

この作品は、絵本を原作とした舞台作品で、とある夫婦が二人のたどってきた日々に目を向け、
その先に1冊の絵本を生み出すまでの物語です。
2016年に初演を上演し、改めてこの作品に向き合うにあたっては、「作り手の想い」に着目しました。
ソノノチはこれまで、絵を描いたり、服を仕立てたり、物語を書いたりと、多くの「作り手」が登場する物語を上演してきました。そんな登場人物たちと同じように、私たちも日々劇団という単位で、ああでもないこうでもないと言いながら、それでも何とか多くの方の心に響く作品をつくりたくて、そして皆さんと自分たちの立っているこの世界に向き合いたくて、もがき続けています。キャンバスに少しずついろんな色の絵の具を置いて大きな絵を描いてゆくように、終わりのない旅のようです。

これからもソノノチは、お一人お一人の大切な時間と心の風景を照らせるような
作品を創っていけるよう、次に向かって歩み出します。
次回の本公演は、2019年度冬を予定しています。

ソノノチは次につづきます。
(撮影:脇田友)

home