小劇場コモンズ(俳優向けワークショップ)のお知らせ

KAIKA(四条烏丸にある劇場)にて、主に俳優さんやダンサーさん向けのワークショップ講師をさせて頂くことになりました。
演出家と俳優の抱くイメージの擦り合わせを「こんな感じ」というキーワードを元に体感する2時間にしたいと思います。ご参加お待ちしております。

お申し込み:https://ssl.form-mailer.jp/fms/02eeb20e288525

***************

テーマ:「こんな感じ」って、どんな感じ?

作品をつくるときに、まず「こんな感じにしたい」というイメージがあります。おおよその場合、演出家が持っているイメージです。それは作品のコンセプトであったり、観た人に持たせたい感情だったり、ビジュアル(見た目の)イメージだったりします。
作品の世界観にしろ、役や演技のひとつひとつにしろ、頭の中にある「こんな感じ」を他の人と共有するには、どんな方法があるのでしょう。また、俳優はそこにどのように向き合い、表現すればいいのでしょうか。まずは言葉と身体でやってみます。慣れてきたら、絵や音など、それ以外の方法でもやってみましょう。

【日時】
9月8日(火)19時〜21時30分

【講師プロフィール】
中谷和代
京都の劇団「ソノノチ」主宰。演出家、劇作家、ワークショップデザイナー。京都舞台芸術協会 理事。自劇団の公演活動のほかに、「私の伝え方シリーズ」をはじめとした「伝える」ことに重きをおいたワークショップ実践や、高校演劇の指導、市民ミュージカルの演出なども手がける。

【団体プロフィール】
ソノノチ
2013年に社会人劇団である「劇団ソノノチ」から再旗揚げした、アートとデザインと舞台芸術のこれから(その後)を探るカンパニー。芸大を卒業したメンバーを中心に構成され、繊細なアートワークや物販も好評の劇団。
イベントや試演会への出演、3週間のロングラン公演のほか、今年10月には、初となるツアー公演、6人の『これからの宇(そら)』を上演予定。劇団員も現在募集中。

ーーーーーーーーー

【料金】
1,000円(一回券)

【定員】
各回15名程度

【参加条件】
俳優やダンサー、またはそれらを目指している方。年齢制限はありません。

☆お申し込みはコチラ☆
https://ssl.form-mailer.jp/fms/02eeb20e288525

【公演レポート】4人の「これからの宇(そら)」

病院のベッドで目を覚ますと、私のお腹には、向こう側を見通せるほどのきれいな穴が空いていました。その小さな爆発の瞬間に、この宇宙も始まったのかもしれないとすら、思ってしまいます。

今ここにいる あなたとわたし。
これからの方 向いているのは どっちかしら?

それは、私が見上げる空のずっと上のほうで、もやのようなものから始まったのです。
これまでわたしが見ていた、そしてこれからあなたと見ていく、この景色にきっとまだその頃は、上も下もなかったのだけれど。

 

 

 

 

 

 


【作品名】
4人の「これからの宇(そら)」
【上演日】
2014年12月29日(月)〜31日(水)(ミソゲキ2014参加作品)
【会場】
ナンジャーレ


脚本・演出:中谷和代
出演:藤原美保、中谷和代(以上 ソノノチ)、玉城大祐(劇団発泡鉄)、渡邉裕史(KAIKA劇団 会華*開可)

音響:北方こだち
楽曲制作:津久井道夫
小道具:臼田泰如

【公演レポート】8人の「さよならの絲」


ほんの少しだけ、隣にすわって。
今度はあなたから、さよならを言って。

 

 

 

 

 


ようこそ。
東の街は、はじめてですか?
鮮やかなベンチの並ぶ賑やかな広場。
季節の花々が咲く裏庭。
あそこに見える大きな杉の木を
曲がったところには、小さな床屋もあります。
そして、ここを訪れるすべての人を、街の住人が温かく迎えます。
彼らは様々に仕事を持ち、互いに支えあって暮らしています。広場で練り広げられる出し物に見入ったり、奥さん達の話し声に耳を傾けたり、疲れたらベンチで一眠りしても構いません。どうぞ何も怖がることなく、いらして下さい。

これは、初めて東の街にきたチャコが、自分の作品世界を模索しながら人々と触れ合う中で、徐々に仕立て屋としての服(役)を着て、いつか依頼をくれることになる未来の街の住人達とさよならをし、仕立て屋としてこれからを生きていく物語。


・作品名
8人の「さよならの絲」
・上演日
2014年3月8日(土)〜23日(日)
・会場
アートコミュニティスペースKAIKA


・クレジット
脚本・演出:中谷和代
出演:
玉一祐樹美(京都ロマンポップ)、村井春也。(何色何番)、藤原美保、蛭田幸恵(劇団ヘルベチカスタンダード)、澤 雅展(突き抜け隊)、マキノナヲキ、岡本健(劇団ZTON)、菅原陽樹
演出部 矢田部恵子、浜崎 聡(TROUBLE PiECE)
舞台監督 北方こだち
アートディレクション・宣伝美術 ほっかいゆrゐこ(劇団ソノノチ)
舞台美術 栗山万葉
小道具 廣瀬愛子(劇団ソノノチ)
照明 真田貴吉
音響 島﨑健史(ドキドキぼーいず)※﨑が旧字体なので注意
楽曲制作 津久井道夫
衣装・ヘアメイク たかつかな(何色何番)
衣装アシスタント 廣瀬 雅
制作 大瀧周平
広報・宣伝 弘津なつめ
歌唱指導 三木万侑加
イラスト 森岡りえ子
物販協力 のちノのち
ウェブ 中谷和代

【公演レポート】3人の「さよならの絲」


ほんの少しだけ、隣にすわって。
たとえ辛くても、さよならを聞いて。

 

 

 

 

 

 

とある田舎町のスナックの二階に、チャコの仕立て屋はありました。
昼も夜もひんやりとしていて、電球ひとつだけの灯りに頼った暗い部屋でした。
ジレとボレロは、西の方からこの東の街に越してきた、若い夫婦です。
二人で作ったパン屋がオープンする日にジレが着るベスト。これが、ボレロからの注文でした。
「あなたがそれを仕立ててくれる間、私はあの人のいた頃の夢でも見ていよう。」
そして、ベストの制作が始まります。
ボレロはいつしか、ミシンの縫い目をひとつひとつ辿り返して、ジレと二人、この街に来たころのことを思い出していました。それは時間の端を返し縫いする合間に起こった、一人と二体のものがたりです。
音楽が聞こえます。ワルツです。
そろそろベストも仕上がって、お別れの時間が近づいてきました。

パン屋の夫婦の服を仕立てていく中で、チャコがすがりついていた独りよがりな物語の世界とさよならする、はじめての納品までの物語。


・作品名
3人の「さよならの絲」
・上演日
2013年6月21日(金)〜23日(日)
・会場
アートコミュニティスペースKAIKA


・クレジット
脚本・演出:中谷和代
出演:玉城大祐(劇団発泡鉄)、村井春也。(何色何番)、玉一祐樹美(京都ロマンポップ)
演出部 矢田部恵子、浜崎 聡(TROUBLE PiECE)
舞台監督 北方こだち
小道具 廣瀬愛子(劇団ソノノチ)
照明プラン 御手洗幸助
照明オペ 浜崎 聡(TROUBLE PiECE)
音響 深見歩未
作曲・演奏 津久井道夫
衣装・ヘアメイク たかつかな(何色何番)
物販 山口まなみ(劇団ソノノチ)、廣瀬愛子(劇団ソノノチ)