【ワークショップ レポート】「ワークショップフェスティバル ドアーズ12th」での発声ワークショップ

『明日から即使える!呼吸の仕方と声の出し方入門』というテーマで講師を担当しました
「ワークショップフェスティバル ドアーズ12th」のワークショップが、無事終了致しました!
10代~60代まで幅広い年代の方々にお越しいただき、ソノノチとしても、大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。

下記に当日の内容を少しご紹介します。

まず初めは、親交を深める為に、お互いに挨拶をしたり、隣の人の声をマネして次の人にパスをまわしてしていくワークです。
次に、横になり腹式呼吸の正しい方法と、声帯を温める運動のハミングを練習。
口の奥を広くすることがポイントです!

その後、二つのグループに分かれ、徐々に大きな声を出していきます。
滑舌をよくする練習を行い、声の大きさや小ささ、速く言ったり遅く言ったり、間を空けて話してみたりと、様々な声の出し方をためしてみます。
お互いの声を聴くことにより、客観的な意見を聞き、自身のフィールドバックを行います。

 

最後に、5~6人のグループになり、振り返りタイム。
今日のワークで使ったことを意識しながら、参加してみてどうだったかの感想を、グループごとに話し合い、発表してもらいました。

いろんな声の出し方を使って表現していただき、「思い切り大きな声を出せて楽しかった」、「口の中の広さを変えることで音の響き方が変わり新しい発見があった」などの感想がでました。

今回のドアーズも、本当にたくさんの方に出会うことができました。
皆さんのおかげで、とても良い雰囲気で、大きな声が出したい、滑舌が良くなりたいという熱い思いや、声を出すことって楽しいという気持ちが伝わってきました。

ソノノチは、京都で「基礎鍛錬ワークショップソノノキン」と呼ばれる、ワークショップを開催しています。
公演期間以外にも、能力や体力の維持をしたいと思い、俳優と演出家のための基礎鍛錬の稽古を定期的にはじめました。そして、月に1〜3回ほど、公開でどなたでも参加いただける日を設けています。
ソノノキンは、舞台作品を作るにあたっての、また人と人とがコミュニケーションするにあたってのポイントや課題について、参加者同士が一緒に考えたり、やってみたりするワークショップの場です。
徹底的に身体トレーニングやストレッチを行う日もあれば、演技メソッド(手法)の勉強会をしたり、参加者の興味のあることをみんなで試してみたり、台本をつかって作品の試作をすることもあります。
情報は、随時、SNS等で公開致しますので、ぜひ気軽に遊びに来てください。

また、いつの日か、皆様と出会えるのを楽しみにしております。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!

———–
明日から即使える!呼吸の仕方と声の出し方入門(ジャンル:身体表現・コミュニケーション)
講師:藤原 美保(ソノノチ)
日程:7月31日(火) 13:30~15:00
会場:大阪市立芸術創造館(大阪市旭区中宮1-11-14)

8月のソノノチ基礎鍛錬ワークショップソノノキン

「スタニスラフスキー・システムから、メソッド演技法を考える②」

7月のソノノキンに引き続き、メソッド演技法(俳優の育成方法)について扱います。
世界で最もメジャーと言われる「スタニスラフスキー・システム」の理論と実践の勉強会です。役者と演出家、両方の立場からメソッドを検証し、一緒に紐解いてみましょう。
このメソッドを試してみたかった!という方も、これを機会に学んでみたい!という方も、ぜひご参加ください。
※このシリーズはあくまで勉強会であり、特定のメソッドを推奨するものではありません。
※前回(第1回)に参加されていない方でもご参加いただけます。

■日時:8月19日(日)14:00~17:00
■会場:KAIKA
■参加費:1,000円
■持ち物:動きやすい服装、筆記用具、スタニスラフスキーに関する本(あれば)
■お申し込み方法:
ソノノチFacebookイベントページの参加ボタンを押していただくか、
又は、お名前・連絡先を明記の上、下記のソノノチ代表メールまでご連絡ください。
メール:info@sononochi.com

【ソノノキンとは】
ソノノチでは、公演期間以外にも、能力や体力の維持をしたいと思い、俳優と演出家のための基礎鍛錬の稽古を定期的にはじめました。そして、月に1〜3回ほど、公開でどなたでも参加いただける日を設けています。 ソノノキンは、舞台作品を作るにあたっての、また人と人とがコミュニケーションするにあたってのポイントや課題について、参加者同士が一緒に考えたり、やってみたりするワークショップの場です。徹底的に身体トレーニングやストレッチを行う日もあれば、演技メソッド(手法)の勉強会をしたり、参加者の興味のあることをみんなで試してみたり、台本をつかって作品の試作をすることもあります。

ソノノチによる、主なワークショップのご案内

ソノノチは、カンパニーとしてこれまで5年間に渡って、オリジナルの舞台作品を作り、発表する活動を続けてきました。
互いの違いを受け入れながら自分を表現し、一緒にひとつのものをつくりあげるには、

①ないものをゼロから「イメージする力」
②チームで協力し、ひとつのものを「つくりあげる力」
③つくったものを、お客さんの前で「表現できる力」

の3つが重要と考えています。

創作活動を通じて培われたその能力を用いて、
いろんな方々の日常生活や社会生活にも役に立つような、
コミュニケーション能力を育むワークショップを開催しています。

<演劇ワークショップについて>
演劇創作は正解の無い課題であり、表現を見せる対象がいることを意識しながら創作しなければなりません。演劇ワークショップでは、そういった演劇創作のエッセンスを短時間に凝縮し、物事を俯瞰の視点で捉え、チームで主体的に課題に挑む経験が可能であり、多様なコミュニケーションの方法を体感することができます。

<演劇をやることで身につくもの>
・個々の考えや様々な違いを受け入れながら、みんなでひとつのものを作り上げる力(チーム力)
・考えたことを工夫して表現し、見る人に伝える力(表現力)
・登場人物を通して、他者の気持ちを思いやる力(他者理解力)

<私たちの目指すもの>
人と人のコミュニケーションにとって重要なものが演劇には含まれています。
私たちのワークショップでは、人と協力、恊働し、何か1つの「モノ」を作る楽しさや難しさを感じることで、他者への意識を含めた表現力とコミュニケーション力の向上を目的としています。
良好なコミュニケーションを図るためには、思いや考えを表現するための語彙を豊かにし、表現力を身に付けることが重要であり、自分の思いや考えをもちつつ、それを相手に伝えるとともに、相手の思いや考えを理解することも大切です。コミュニケーションすることは、人が人との間で生きて行くために重要な、他者の存在、違いや多様性を認めていくきっかけにもなります。
この取り組みを通じて、想像力や表現力を身に付け、さらに恊働する楽しさを感じて欲しいと思っています。また、この活動を通じて,「生活する力」「自立する力」を一層養えるのではないかと期待しています。

続きを読む…