【外部協力情報(中谷)】/MONO「はなにら」

中谷が制作メンバーとして参加しています!

MONOさんは、結成30周年。
ソノノチのメンバーが生まれてまもなくの頃から、劇団で作品を上演し続けておられます。
今回の「はなにら」という作品は、20年前の天変地異によって家族を失った人々が、寄り添って家族となって暮らす家で、新たな旅立ちの日が来たことを受けて巻き起こるヒューマンコメディです。
「人が一緒にいるってどういうこと?」というテーマを、疑似家族を舞台に描き出します。
どうぞご期待ください。


MONO「はなにら」

<ものがたり>
20年前の天変地異により、親や子供を失った人たち。
他人であったはずの彼らは寄り添うように家族になった。
たくさんのお父さん。顔もバラバラな娘たち。
拒絶、喧嘩、涙、そして笑顔を何百回も繰り返し、
今、旅立ちの時は来たようだ。
ところでMONOは結成30年。今回は疑似家族の物語です。
一緒にいるとはどういうことか? 別れとはいったいなんなのか?


作・演出:土田英生
出演:水沼 健 奥村泰彦 尾方宣久 金替康博 土田英生
石丸奈菜美 高橋明日香 立川 茜 渡辺啓太


◆東京公演
2019年3月2日(土)⇒ 3月10日(日)
@吉祥寺シアター

◆豊橋公演
2019年3月16日(土)⇒ 3月17日(日)
@稲の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース

◆京都公演
2019年3月23日(土)⇒3月27日(水)
@ロームシアター京都 ノースホール

◆広島公演
2019年3月30日(土)⇒ 3月31日(日)
@広島JMSアステールプラザ

▽詳細はこちら
MONO 公式サイト:https://www.c-mono.com/stage.html

 

【外部協力情報】外谷が雲南市創作市民劇に参加します

2018年6月に島根に移住した外谷が、2019年3月に島根県で上演される雲南市創作市民劇「KIRINJI 新説・山中鹿介」に、演出助手として参加いたします。

メディアにも多く取り上げられるなど、地元ではかなり話題となっている雲南創作市民劇。
毎年開催されるごとに参加者も増え、今年は高校生の多いフレッシュな座組となっています。

尼子の命運を一身に背負い、幾度敗れようとも不屈の精神で立ち上がりつづけた山中鹿介の生涯が、新たな物語として紡がれます。ぜひお越しください。

イベント詳細
雲南市創作市民演劇2019
『KIRINJI 新説・山中鹿介』
脚本・演出:亀尾佳宏
特別出演:松村武(劇団カムカムミニキーナ主宰)

続きを読む…

3CASTS vol.3 終了いたしました!

京都・木屋町の多角的アートスペース、UrBANGUILDで行われている一日だけの公演、「3CASTS vol.3」が終了いたしました!

1日だけの、1回だけのステージでとても特別感がありました。
約50名のお客様にお越しいただきまして、本当にありがとうございました!

今回は、「ソノノチ」ではなく、「藤原美保(ソノノチ)」として、藤原が主体となって参加する公演で、
新劇団員の木下も、ソノノチとしての出演は今回が初めて、ソノノチのメンバーで既成戯曲での上演も初めて、ということもあり、様々なことに挑戦した公演でした。

たくさんの方に助けられ、無事に本番を行うことができ、
演劇はひとりではできないものだと改めて実感した今回の作品でした。

現在は「つながせのひび」の公演に向けて、クリエイション中です。東京公演まで残り2ヶ月弱。
より良い作品を届けられるように、これからも精進していきたいと思います!

これからも、ソノノチをどうぞよろしくお願いいたします!

ソノノチ 藤原美保

 

 

【出演情報】「3CASTS vol.3」に、藤原美保が出演します

京都のUrBANGUILDで毎月行われている一日だけの公演、「3CASTS vol.3」に、藤原美保が出演します。
__________________________________________

「3CASTS vol.3」

日程:9月26日(水)18:30~21:30
会場:UrBANGUILD

合田団地(努力クラブ)
藤原美保(ソノノチ)
諸江翔大朗(ARCHIVES PAY)

3人/組の俳優が登場、それぞれパフォーマンスを披露します。
“Cast”には、配役することだけではなく、さまざまな意味があります。
たとえば、投げること、脱ぎ捨てること、影を落とすこと、票を入れること、まなざしを向けること、魔法をかけること……そして、さいころの一振り。
さて、どんな目が出るか。ぜひ目撃を。

◇ OPEN 18:30 / START 19:30
◇ adv.1800 yen + 1drink / door.2200 yen + 1drink
◇ actor or actress. 1400 yen + 1drink

詳細・ご予約はこちらhttp://www.urbanguild.net/ur_schedule/event/926-wed-3-casts-vol-3


今回は、「ソノノチ」ではなく、「藤原美保(ソノノチ)」として、藤原が主体となって参加する公演です。
パフォーマンスの内容は、新劇団員の木下創一朗との二人芝居を企画しまして、演出は中谷にお願いしています。

作品は、アマヤドリ広田淳一さんの戯曲「まだ、わかんないの。」を上演いたします。

新たなチャレンジとなる作品をお届けしたいと思っております。
木下くんとの初共演、どうぞお楽しみに。

1ステージのみの公演になりますので、ぜひ観に来ていただけますと嬉しいです。
皆様のご来場、お待ちしております!

ソノノチ 藤原美保

【ソノノチ出演情報】「全国コントレックス(京都公演)」に、ユニット美人さんとの合同ユニットで出演します

ソノノチが、ユニット美人さんとの特別合同ユニット“ビジノチズム” として、コントライブに出演します。

東京の劇団、アガリスクエンターテイメントさんが開催してきた、複数の劇団による合同のコントライブ《新宿コントレックス》が、東名阪三都市ツアーの「全国コントレックス」として、京都にやってきます。
この京都公演に、ユニット美人さんと特別合同ユニットを組み、
ユニット美人×ソノノチ「ビジノチズム」 として、女性唯一のユニットとして参戦します!

「女性が考える女性の強さ・美しさ・笑い」をテーマに、短編から長編まで様々な公演で笑いを取って来たユニット美人と、
フェミニンでファンタジックな「おとぎ話」の中のような会話劇をベースに、暖かく優しい世界を作り出すソノノチ。
作品の方向性も世界観も全く異なる京都の女性ユニット2組による夢の共演!

美人がファンシーな世界に染まるのか、
ソノノチがブルマを履くのか、
京都コントレックス限定の特別コラボユニット「ビジノチズム」
乞うご期待!!!

7月6日(金)〜7日(土)の全3ステージ。京都・スペースイサンにて。
計5団体がオムニバス形式で、コントを上演します。ぜひ、ご来場ください。
ご予約はこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
『全国コントレックス(京都公演)』
京都コントレックスVol.1

【日時】2018年7月6日(金)〜7日(土)(全3ステージ)
7月6日(金)19:00
7月7日(土)13:00/17:00
(受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前)
(上演時間は約120分の予定です)

【会場】スペースイサン(京都府京都市東山区本町10丁目151-1)
《アクセス:京阪電鉄本線「東福寺駅」徒歩5分。JR「京都駅」徒歩20分。※劇場に駐車場はございません》
google map:https://goo.gl/maps/VafLzkBmX6m

【料金】予約・当日ともに2,000円
<ご予約は下記のURLから>
https://torioki.confetti-web.com/form/504/2778

【出演団体=計5団体】
・アガリスクエンターテイメント
・THE GO AND MO’S
・夕暮れ社.lab
ユニット美人×ソノノチ 「ビジノチズム」
[出演]ユニット美人(黒木陽子・紙本明子)、ソノノチ(中谷和代・藤原美保)
(※6/27追加情報)【演目タイトル】「さよならアリアドネの絲をギュッとね!」

・笑の内閣

【前座】丸山交通公園(丸山交通公園ワンマンショー)

【主催】アガリスクエンターテイメント
【協力】NPO法人フリンジシアタープロジェクト

【京都コントレックス 問い合わせ先】
050-5318-7717
info.kyotoconterex@gmail.com

◎ユニット美人プロフィール
劇団衛星所属俳優の黒木陽子と紙本明子で2004年暮れにあまりに人気がない自分達が嫌になり「絶対モテモテになってやる!」とやけくそになって2005年8月に旗揚げ。
「女性が考える女性の強さ・美しさ・笑い」をテーマに日々精進中。
略称は〈美人〉。“美人の収支”、“美人の意見”など、様々なシーンで使えるのがミソです。
http://www.eisei.info/unitB/

◎ソノノチプロフィール
2013年1月より活動を開始。ユニット名は、「その後(のち)、観た人を幸せな心地にする作品をつくる」という創作のコンセプトにちなんでおり、フェミニンでファンタジックな「おとぎ話」の中のような会話劇を得意とする。また、第一回公演からこれまで、すべての作品で、物語が繋がっているのも特徴のひとつ。物販部「ソノノチノチ」によるアートフリマなどでのグッズ販売も人気。2016年よりKAIKAアソシエイトカンパニーとして活動している。
http://sononochi.com/

(撮影:脇田友)

《新宿コントレックスとは》
屁理屈シチュエーションコメディ劇団・アガリスクエンターテイメントが新宿シアター・ミラクルで開催するオムニバス・コントライブイベント。毎回「演劇」と「人を笑わせる表現」を自認する劇団・ユニット・個人を公募し、コントライブを行うオムニバス企画。
「一夜限りだが定期的」「小規模だがハイペース」で各団体の最新の表現を披露するべく開催中。
http://conterex.agarisk.com/

【外部参加・ワークショップ情報】「第四回名古屋俳優合同オーディション」にソノノチが参加、中谷がファシリテーターを務めます

名古屋等で活動する複数の劇団の演出家による合同オーディション企画が行われます。

今オーディションは『劇団と俳優の出会う場』を提供することを目的としており、ワークショップで共に時間を過ごし、お互いがどんな劇団なのか、どんな俳優なのかを確認した上で、それぞれのその後の活動に繋がる第一歩を踏み出せるようにすることを目的としています。

ご参加心よりお待ちしております。

【企画概要(俳優オーディション)】

第四回名古屋俳優合同オーディション

参加資格:
芝居への強い意欲がある人
※高校生以下の方は必ず事前にご両親の許可を取った上でご参加ください。
※所属劇団のある方は必ず事前に劇団主宰に許可をお取りください。
※途中入退場がある方は応募出来ません。

日時:
5月5日(土)14:30~20:15
5月6日(日)10:30~20:30(交流会含)

会場:
演劇練習館アクテノン(5F リハーサル室)
名古屋市中村区稲葉地町1丁目47番地
※駐車場はご使用できません。

運営協力費:
学生:3000円
一般:4500円
※参加費はオーディション初日にお持ちください。

当日必要な物:
ジャージ(もしくは同等に動ける服)
室内で履ける運動靴
筆記用具

定員:30名(先着順)

ファシリテーター(俳優オーディション):
・かしやましげみつ(あたらしいまち)
・新宮虎太郎(喜劇のヒロイン)
・中谷和代(ソノノチ)
・西尾武(妄烈キネマレコード)
・西野勇仁(演劇ニッケル)
・にへいたかひろ(よこしまブロッコリー)
・長谷川公次郎(虚構オメガ)

ファシリテーター(制作ワークショップ):
・長谷川公次郎(名古屋演劇アーカイブ)

◆詳細・お申込みはこちら◆

主催 名古屋演劇アーカイブ

【藤原出演情報】文化庁メディア芸術祭京都展Ghost(ゴースト)にて、高嶺格さん出展作品「歓迎されざる者」に出演いたします

文化庁メディア芸術祭京都展 Ghost(ゴースト)にて、高嶺格さん出展作品「歓迎されざる者」に、藤原美保が出演いたします。

文化庁メディア芸術祭京都展 Ghost(ゴースト)

日時:2018年1月14日(日)~2月4日(日)10:00~19:00
※火曜日は13:00~19:00
会場:ロームシアター京都
※ノースホールは1月25日(木)まで、ミュージックサロンは1月21日(日)まで
料金:無料、申込不要

文化庁メディア芸術祭京都展 Ghost(ゴースト)特設サイトはこちら http://mediaarts-kyoto.com/

「歓迎されざる者」高嶺格 作品詳細はこちら http://mediaarts-kyoto.com/program/north_hall/the_unwelcomed/
14日~25日までの出展になります。
藤原の出演時間は、個人Twitterでつぶやいておりますので、こちらをご覧ください。https://twitter.com/mirukiisein

 

【客演情報】笑の内閣「名誉男性鈴子」に中谷が出演します

次回、笑の内閣さんの公演に、代表の中谷和代が客演させて頂きます。
9月に札幌、10月に東京、11月に京都の3都市ツアーです。

近年は脚本と演出ばかりしており、ほとんど役者として舞台に立っているイメージのない中谷ですが、こんな一面もあるのかと改めて知って頂ける機会になるのではないかと思います。
みなさまのご来場、心よりお待ちしております!

第25次 笑の内閣『名誉男性鈴子』
作・演出:高間響

◎ストーリー
平成の大合併で誕生した南アンタレス市初の女性市議会議員、黄川田鈴子は女性の社会進出の象徴として活躍していた実績をかわれ、引退する市長の後継指名を受け市長選へ出馬していた。しかし、鈴子は女性の社会進出の象徴といいながら、実際はきわめて男尊女卑的な言動を繰り返す、まさに「名誉男性」だった。
笑の内閣がお届けする札幌・東京・京都の3都市ツアーは、アパルトヘイト時代の南アフリカの名誉白人のごとく、男社会で男以上に女性差別を繰り返す名誉男性を笑う、ジェンダーフリーコメディー!

■出演
中谷和代(ソノノチ)
熊谷みずほ
土肥希理子
松田裕一郎【娘編】
石原正一(石原正一ショー)【息子編】
諸江翔大朗(ARCHIVES PAY)
髭だるマン(爆劇戦線⚡和田謙二)
しゃくなげ謙治郎(爆劇戦線⚡和田謙二)
延命聡子(中野劇団)【娘編】
丹下真寿美【息子編】
池川タカキヨ(ピルドレン)
横山優花(劇団立命芸術劇場)【娘編】
神田真直(劇団なかゆび)【息子編】

————————————–

◎日時と会場
1)札幌公演
2017年9月23日(土)~24日(日)
@扇谷記念スタジオ シアターZOO
公演詳細はこちら

2)東京公演
2017年10月12日(木)~16日(月
@こまばアゴラ劇場
公演詳細はこちら

3)京都公演
2017年11月9日(木)~14日(火)
@KAIKA
公演詳細はこちら

————————————–

◎チケットのご予約はこちらから(中谷扱い分)
【札幌公演】チケットフォーム

【東京公演】チケットフォーム

【京都公演】チケットフォーム

【客演情報 外谷が「百年劇場」〜マリー・アントワネットと音楽の旅〜に出演します】

ソノノチの外谷美沙子です。
このたび、第7回 町のお寺のコンサート 「百年劇場」〜マリー・アントワネットと音楽の旅〜 に、役者として出演いたします。

フランス革命からの100年を中心に、モーツァルトに始まり、ベートーベンやブラームスなどを経てドビュッシーへと続く音楽の変化を辿りながら、その時代のヨーロッパをショートコント形式で描いていきます。

どなたでも気軽に楽しめる作品となっております。ぜひごゆるりとお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第7回 町のお寺のコンサート
「百年劇場」〜マリー・アントワネットと音楽の旅〜
クラシック音楽とお芝居のコラボレーション舞台。

【日時】4/16(日)10:45開演(10:15開場)

【場所】心光寺本堂(大阪市天王寺区下寺町1-3-68)

【料金】1,000円(要予約・全席自由)※ 小学生500円・幼児1名まで無料(2人目以降500円/1名)

【Cast】
◆演奏◆
声楽:荒木麻衣 関さやか / フルート:浅野毬莉 / ピアノ:藤井麻理子 プティ パ(ピアノ連弾 長恵子&渡御津子)
◆お芝居◆
イクチススム(どうする?企画)/巽由美子(sputnik.)/外谷美沙子(ソノノチ)/前田ひとみ/山本禎顕/(50音順)

【脚本】英衿子(ハナさくラボ)

【アクセス】
心光寺本堂(大阪市天王寺区下寺町1-3-68)

■ 地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘」駅2番出口より 徒歩10分
■ 南海「難波」駅 東出入口1より 徒歩11分
■ 地下鉄谷町線「谷町九丁目」駅3番出口より 徒歩12分
■ 地下鉄堺筋線・近鉄「日本橋」駅8番出口より 徒歩13分

【客演情報 藤原がてんこもり堂に出演します】

ソノノチの藤原美保です。

2016年4月第8回公演「おぼろおぼろ」からの2回目の出演になるてんこもり堂さん。
今回も10代~50代の俳優さんが参加しており、まるで1つの家族のようなアットホームな作品が出来上がろうとしています。
肩の力を抜いて、ふっと笑いに来てください。

【中谷がアフタートークに出演決定!】
2月24日(金)19時15分の回終演後
てんこもり堂のふじもとたかしさん(作・演出)と中谷和代がアフタートークをします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

てんこもり堂 第10回公演
『冬が来る』
Winter will come
~If winter comes, can spring be far behind ?~

作・演出:ふじもとたかし

秋から冬の季節の変わり目は、何故か淋しい気持ちになる。
晩秋になり、遠く見える山々はすっかり紅葉色に染まっている。
三カ月に一度、この地区公民館を利用している人たちによる調整会がある。欠席や遅刻する人もいるなか調整会は和やかに始まり、来春から利用するための部屋の割り振りはいつになく順調に進んでいった。会も終わりにさしかかったとき、利用者の一人が唐突にクリスマス会をしようと提案するが……。
迷える12 人のある場所にまつわる記憶と未来のお話。

てんこもり堂結成10周年にして、第10回公演。
4年ぶりのアトリエ劇研での公演は、春夏秋冬シリーズの第3弾!
2011年4月こどもと大人の美術造形展の中で絵を描く女の姿を描写した『春』、
2013年7月W・シェイクスピア原作『夏の夜の夢』をてんこもり堂流にアレンジして
上演した『真、夏の夜の夢』に続く、本作品は冬の物語。

公演日時:2017年
2月24日(金)~26日(日)
24日(金)19:15☆(中谷アフタートーク出演)
25日(土)15:00 / 19:15★(てんこもり堂メンバーによる座談会)
26日(日)15:00
☆★は終演後アフターイベントあり
*受付・開場は、開演の30分前です。
*上演時間は、約90分程度を予定しております。
*日時指定、全席自由席

出演:
藤原美保 藤村弘二 松田裕一郎 アンドレNOZ
植森阿津子 香山慎太 坪田卓巳 西木達夫
冨田春菜 小笠香澄 金乃梨子 ふじもとたかし

チケット料金:
一般前売… 2,000 円
学生前売… 1,500 円(要証明書)
高校生以下… 1,200 円(前売・当日とも、要証明書)
ペア… 3,600 円(前売のみ)
(当日券は500 円増)

チケット取扱:
●WEB 予約 https://www.quartet-online.net/ticket/tenko_fuyu?m=0bfbjhj(藤原扱い)
●京都芸術センター窓口 (10:00~20:00/無休(12/28~1/4 休館))
*京都芸術センター 〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
TEL:075-213-1000
http://www.kac.or.jp/access/

会場:アトリエ劇研
〒606-0856 京都市左京区下鴨塚本町1
電話:075-791-1966(9:00~17:00(月~
土))
http://gekken.net/atelier/
*駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用下さい。

問い合わせ:
TEL:090-9701-9962(てんこもり堂/きん)
MAIL:tenkomoridou@yahoo.co.jp
URL:http://tenkomoridou.at.webry.info/
↑てんこもり堂ブログにて稽古風景など日々更新中