【ワークショップ レポート】「ワークショップフェスティバル ドアーズ12th」での発声ワークショップ

『明日から即使える!呼吸の仕方と声の出し方入門』というテーマで講師を担当しました
「ワークショップフェスティバル ドアーズ12th」のワークショップが、無事終了致しました!
10代~60代まで幅広い年代の方々にお越しいただき、ソノノチとしても、大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。

下記に当日の内容を少しご紹介します。

まず初めは、親交を深める為に、お互いに挨拶をしたり、隣の人の声をマネして次の人にパスをまわしてしていくワークです。
次に、横になり腹式呼吸の正しい方法と、声帯を温める運動のハミングを練習。
口の奥を広くすることがポイントです!

その後、二つのグループに分かれ、徐々に大きな声を出していきます。
滑舌をよくする練習を行い、声の大きさや小ささ、速く言ったり遅く言ったり、間を空けて話してみたりと、様々な声の出し方をためしてみます。
お互いの声を聴くことにより、客観的な意見を聞き、自身のフィールドバックを行います。

 

最後に、5~6人のグループになり、振り返りタイム。
今日のワークで使ったことを意識しながら、参加してみてどうだったかの感想を、グループごとに話し合い、発表してもらいました。

いろんな声の出し方を使って表現していただき、「思い切り大きな声を出せて楽しかった」、「口の中の広さを変えることで音の響き方が変わり新しい発見があった」などの感想がでました。

今回のドアーズも、本当にたくさんの方に出会うことができました。
皆さんのおかげで、とても良い雰囲気で、大きな声が出したい、滑舌が良くなりたいという熱い思いや、声を出すことって楽しいという気持ちが伝わってきました。

ソノノチは、京都で「基礎鍛錬ワークショップソノノキン」と呼ばれる、ワークショップを開催しています。
公演期間以外にも、能力や体力の維持をしたいと思い、俳優と演出家のための基礎鍛錬の稽古を定期的にはじめました。そして、月に1〜3回ほど、公開でどなたでも参加いただける日を設けています。
ソノノキンは、舞台作品を作るにあたっての、また人と人とがコミュニケーションするにあたってのポイントや課題について、参加者同士が一緒に考えたり、やってみたりするワークショップの場です。
徹底的に身体トレーニングやストレッチを行う日もあれば、演技メソッド(手法)の勉強会をしたり、参加者の興味のあることをみんなで試してみたり、台本をつかって作品の試作をすることもあります。
情報は、随時、SNS等で公開致しますので、ぜひ気軽に遊びに来てください。

また、いつの日か、皆様と出会えるのを楽しみにしております。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!

———–
明日から即使える!呼吸の仕方と声の出し方入門(ジャンル:身体表現・コミュニケーション)
講師:藤原 美保(ソノノチ)
日程:7月31日(火) 13:30~15:00
会場:大阪市立芸術創造館(大阪市旭区中宮1-11-14)

【速報:公演情報】ソノノチ2018「つながせのひび」

ソノノチは今冬、「つながせのひび」という作品で、初めての3都市ツアー公演を行います!
初めての東京・3年ぶりとなる愛知(名古屋)・そして地元京都で上演を行います。
寒くなってきた季節にぴったりの、ほっと心暖まるお話です。ぜひご覧ください。

———————————–
ソノノチ2018
「つながせのひび」

原作:絵本「つながせのひび」
脚本・演出:中谷和代
出演:藤原美保 豊島祐貴(プロトテアトル)

“ 小さなあなたへつなぐ日々を、この本にこめて。”

2016年に京都のギャラリースペースで初演を上演したソノノチの代表作、2人の「つながせのひび」。「大切な人へと受け継がれていく気持ち」をテーマに、オリジナルの絵本を制作し、その絵本を原作にした舞台作品を今回リクリエーションし、初めての3都市ツアーを行います。

【ストーリー】
絵画教室を営む夫婦の住む一軒家。引越しを次の日に控え、なかなか進まない荷造りの合間に、「大切な人を想うこと」をめぐる、願いのような物語づくりがはじまりました。

[東京公演]日程:2018年11月30日(金)〜12月2日(日)
会場:十色庵(東京都北区神谷2-48-16 カミヤホワイトハウス BF1)

[愛知公演]
日程:2018年12月8日(土)〜12月9日(日)
会場:大須モノコト(愛知県名古屋市中区大須2-25-4 久野ビル2F)

[京都公演]
日程:2018年12月19日(水)〜12月24日(月)
会場:Social Kitchen 2F Space(京都府京都市上京区相国寺門前町699)

【スタッフ】
演出部:外谷美沙子、木下創一朗(以上、ソノノチ)、英衿子(ハナさくラボ)
絵画制作:森岡りえ子 宣伝美術:ほっかいゆrゐこ 舞台監督・写真:脇田友 楽曲製作:いちろー(廃墟文藝部) 小道具・衣装:ひなたみかん
制作:渡邉裕史 制作補佐:田中直樹(劇団未踏座/劇団ひととせ)、吉岡ちひろ(劇団なかゆび)
制作協力:[東京公演]大森晴香(十色庵)、[愛知公演]ニシムラタツヤ(AfroWagen)

主催・企画・製作:ソノノチ
共催:NPO法人フリンジシアタープロジェクト
京都芸術センター制作支援事業
made in KAIKA

9月12日(水)チケット発売予定

【お問合せ】
ソノノチ
050-5318-7717(制作)/ info@sononochi.com

home

ソノノチとは・・
京都を拠点に活動する劇団。ユニット名は、「その後(のち)、観た人を幸せな心地にする作品をつくる」という創作のコンセプトにちなんでいる。作品のジャンルとしては、フェミニンでファンタジックな「おとぎ話」の中のような会話劇を得意とする。また、第一回公演からこれまで、すべての作品で、物語が繋がっているのも特徴のひとつ。物販部「ソノノチノチ」によるグッズ販売も人気。2016年より、KAIKAアソシエイトカンパニー。

★つながせのひび プレイベント★
東京公演を前にプレイベント「ソノノチとおしゃべりの会」を、9月14日(金)19:00〜22:00に十色庵で行います。
詳細はこちら:http://sononochi.com/tunagase_tokyoevent/

【公演レポート】「いられずの豆」

 

店主のいない、一軒のカフェ。古くから通う人、新しく来た人など、そこに集う人々が、独自のルールを築いていく。それぞれにそれぞれの人生があり、よろこびを求めて、もがきながらも、でもこの場所にしかない何かを求めて、小さな町の人々は、このスペースを訪れる。
「—————わたしたちはこの場所で、どれだけ、どのくらいのあいだ、一緒にいられるのだろう。わたしたちには、一体なにができるのだろう。」


舞台は、とある閑静な住宅街、さくら町。

この町の美術大学に通うチハルは、商店街の福引で偶然珈琲チケットが当たり、「カフェえんがわ」を初めて訪れる。
上の階に住むフリーライターのホシノはじめ、常連客たちと出会い会話をする内に、この場所が単なるカフェではなく、訪れる人々によって自主的に運営されている場所だということが明らかになっていく。
そしてやがては、この場所に集う常連客がさまざまに抱えた思いや、カフェえんがわ誕生当時のエピソードにたどり着いて・・・。
コミュニティカフェという地域に開かれた場所と、「近づかないけど離れない」人々の関係をめぐる物語。


【作品名】
ソノノチ2018「いられずの豆」
【上演日】
2018年
4月15日(日)12:00〜/ 14:00〜
4月24日(火)18:00〜/ 20:00〜
4月25日(水)18:00〜/ 20:00〜
4月29日(日)12:00〜/ 14:00〜
4月30日(月・祝)12:00〜/ 14:00〜
【会場】
Social Kitchen 1F Café(京都市上京区相国寺門前町699)


脚本・演出:中谷和代/演出助手:外谷美沙子(以上、ソノノチ)
出演:藤原美保(ソノノチ) 川瀬亜衣 佐藤和駿(ドキドキぼーいず) 西村貴治

イラスト・題字製作 森岡りえ子/舞台監督:北方こだち/楽曲製作:いちろー(廃墟文藝部)
制作:渡邉裕史/制作補佐:義村夏樹/物販協力:森岡ふみ子、のちノのち
喫茶:Kitchen hanare
協力:加茂谷慎治(株式会社エイチツーオー)
主催・企画・製作:ソノノチ
共催:NPO法人フリンジシアタープロジェクト
後援:NPO法人京都舞台芸術協会
京都芸術センター制作支援事業/made in KAIKA

(撮影:松山隆行)