KADANA×ソノノチ 手仕事紹介イベント「おめみえ」開催します! 

みなさんは「演劇」という言葉を聞いて、どんなことを思い浮かべますか?
今回は、演劇に携わるお仕事紹介と、魅力について、精一杯お伝えしたいと思います。
・演劇はいつ、どうやってはじまったの?
・映画やテレビとの違いは?
・演劇やってる人って、ぶっちゃけ食べていけるの?
などなど、現役の劇団員がみなさんの疑問にもお答えします。

 

KADANA×ソノノチ 手仕事紹介イベント
「おめみえ」

日時:10月1日(日)14:00~16:30
会場:KADANA
(京都市左京区下鴨東森ヶ前町3-2)
料金:2000円(1ドリンク付)
お申し込み・お問い合わせ:
info@sononochi.com
(お申し込みの際は、ご参加いただく方の氏名・人数・ご連絡先の電話番号とメールアドレスを添えて、ご連絡ください。)

 

KADANAへのアクセス
●京都市バス「高木町」から徒歩5分
●京都市営地下鉄「松ヶ崎駅」から徒歩20分

【客演情報】笑の内閣「名誉男性鈴子」に中谷が出演します

次回、笑の内閣さんの公演に、代表の中谷和代が客演させて頂きます。
9月に札幌、10月に東京、11月に京都の3都市ツアーです。

近年は脚本と演出ばかりしており、ほとんど役者として舞台に立っているイメージのない中谷ですが、こんな一面もあるのかと改めて知って頂ける機会になるのではないかと思います。
みなさまのご来場、心よりお待ちしております!

第25次 笑の内閣『名誉男性鈴子』
作・演出:高間響

◎ストーリー
平成の大合併で誕生した南アンタレス市初の女性市議会議員、黄川田鈴子は女性の社会進出の象徴として活躍していた実績をかわれ、引退する市長の後継指名を受け市長選へ出馬していた。しかし、鈴子は女性の社会進出の象徴といいながら、実際はきわめて男尊女卑的な言動を繰り返す、まさに「名誉男性」だった。
笑の内閣がお届けする札幌・東京・京都の3都市ツアーは、アパルトヘイト時代の南アフリカの名誉白人のごとく、男社会で男以上に女性差別を繰り返す名誉男性を笑う、ジェンダーフリーコメディー!

■出演
中谷和代(ソノノチ)
熊谷みずほ
土肥希理子
松田裕一郎【娘編】
石原正一(石原正一ショー)【息子編】
諸江翔大朗(ARCHIVES PAY)
髭だるマン(爆劇戦線⚡和田謙二)
しゃくなげ謙治郎(爆劇戦線⚡和田謙二)
延命聡子(中野劇団)【娘編】
丹下真寿美【息子編】
池川タカキヨ(ピルドレン)
横山優花(劇団立命芸術劇場)【娘編】
神田真直(劇団なかゆび)【息子編】

————————————–

◎日時と会場
1)札幌公演
2017年9月23日(土)~24日(日)
@扇谷記念スタジオ シアターZOO
公演詳細はこちら

2)東京公演
2017年10月12日(木)~16日(月
@こまばアゴラ劇場
公演詳細はこちら

3)京都公演
2017年11月9日(木)~14日(火)
@KAIKA
公演詳細はこちら

————————————–

◎チケットのご予約はこちらから(中谷扱い分)
【札幌公演】チケットフォーム

【東京公演】チケットフォーム

【京都公演】チケットフォーム

《ワークショップ情報》ソノノチが「ワークショップフェスティバル ドアーズ」で講師をします!

今年で11周年になる「ワークショップフェスティバル・ドアーズ 11th」
こちらの企画に、昨年に続き、ワークショップの講師をさせて頂くことになりました。

日程:7月30日(日)19時30分〜21時
会場:大阪市立芸術創造館(大阪市旭区中宮1-11-14)

★ワークショップ紹介とお申し込みはこちら★
http://www.iwf.jp/11osaka/item_2084.html

受講申込みは、7月1日(土)からになります。

今回は、「チームワークの作り方 はじめの一歩」というテーマで、劇団が作品づくりに取り組む時の最初の時間を体験してもらうワークショップを実施します。演劇をやってみたい人はもちろん、コミュニケーションワークや、チーム作りに興味のある方もぜひご参加ください。

昨年初めて講師をさせていただいたドアーズは、多くの方に参加していただき素敵な出会いがたくさんありました。今年も様々な方と出会えることを楽しみにしています。舞台表現に関わられている方はもちろん、小学生からどなたでも参加できますのでぜひみなさんお越しください!

ドアーズ公式サイト:http://www.iwf.jp/

※去年のDOORSの様子