【客演情報】笑の内閣「名誉男性鈴子」に中谷が出演します

次回、笑の内閣さんの公演に、代表の中谷和代が客演させて頂きます。
9月に札幌、10月に東京、11月に京都の3都市ツアーです。

近年は脚本と演出ばかりしており、ほとんど役者として舞台に立っているイメージのない中谷ですが、こんな一面もあるのかと改めて知って頂ける機会になるのではないかと思います。
みなさまのご来場、心よりお待ちしております!

第25次 笑の内閣『名誉男性鈴子』
作・演出:高間響

◎ストーリー
平成の大合併で誕生した南アンタレス市初の女性市議会議員、黄川田鈴子は女性の社会進出の象徴として活躍していた実績をかわれ、引退する市長の後継指名を受け市長選へ出馬していた。しかし、鈴子は女性の社会進出の象徴といいながら、実際はきわめて男尊女卑的な言動を繰り返す、まさに「名誉男性」だった。
笑の内閣がお届けする札幌・東京・京都の3都市ツアーは、アパルトヘイト時代の南アフリカの名誉白人のごとく、男社会で男以上に女性差別を繰り返す名誉男性を笑う、ジェンダーフリーコメディー!

■出演
中谷和代(ソノノチ)
熊谷みずほ
土肥希理子
松田裕一郎【娘編】
石原正一(石原正一ショー)【息子編】
諸江翔大朗(ARCHIVES PAY)
髭だるマン(爆劇戦線⚡和田謙二)
しゃくなげ謙治郎(爆劇戦線⚡和田謙二)
延命聡子(中野劇団)【娘編】
丹下真寿美【息子編】
池川タカキヨ(ピルドレン)
横山優花(劇団立命芸術劇場)【娘編】
神田真直(劇団なかゆび)【息子編】

————————————–

◎日時と会場
1)札幌公演
2017年9月23日(土)~24日(日)
@扇谷記念スタジオ シアターZOO
公演詳細はこちら

2)東京公演
2017年10月12日(木)~16日(月
@こまばアゴラ劇場
公演詳細はこちら

3)京都公演
2017年11月9日(木)~14日(火)
@KAIKA
公演詳細はこちら

————————————–

◎チケットのご予約はこちらから(中谷扱い分)
【札幌公演】チケットフォーム

【東京公演】チケットフォーム

【京都公演】チケットフォーム

【客演情報 外谷が「百年劇場」〜マリー・アントワネットと音楽の旅〜に出演します】

ソノノチの外谷美沙子です。
このたび、第7回 町のお寺のコンサート 「百年劇場」〜マリー・アントワネットと音楽の旅〜 に、役者として出演いたします。

フランス革命からの100年を中心に、モーツァルトに始まり、ベートーベンやブラームスなどを経てドビュッシーへと続く音楽の変化を辿りながら、その時代のヨーロッパをショートコント形式で描いていきます。

どなたでも気軽に楽しめる作品となっております。ぜひごゆるりとお楽しみください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第7回 町のお寺のコンサート
「百年劇場」〜マリー・アントワネットと音楽の旅〜
クラシック音楽とお芝居のコラボレーション舞台。

【日時】4/16(日)10:45開演(10:15開場)

【場所】心光寺本堂(大阪市天王寺区下寺町1-3-68)

【料金】1,000円(要予約・全席自由)※ 小学生500円・幼児1名まで無料(2人目以降500円/1名)

【Cast】
◆演奏◆
声楽:荒木麻衣 関さやか / フルート:浅野毬莉 / ピアノ:藤井麻理子 プティ パ(ピアノ連弾 長恵子&渡御津子)
◆お芝居◆
イクチススム(どうする?企画)/巽由美子(sputnik.)/外谷美沙子(ソノノチ)/前田ひとみ/山本禎顕/(50音順)

【脚本】英衿子(ハナさくラボ)

【アクセス】
心光寺本堂(大阪市天王寺区下寺町1-3-68)

■ 地下鉄谷町線「四天王寺前夕陽ヶ丘」駅2番出口より 徒歩10分
■ 南海「難波」駅 東出入口1より 徒歩11分
■ 地下鉄谷町線「谷町九丁目」駅3番出口より 徒歩12分
■ 地下鉄堺筋線・近鉄「日本橋」駅8番出口より 徒歩13分

【客演情報 藤原がてんこもり堂に出演します】

ソノノチの藤原美保です。

2016年4月第8回公演「おぼろおぼろ」からの2回目の出演になるてんこもり堂さん。
今回も10代~50代の俳優さんが参加しており、まるで1つの家族のようなアットホームな作品が出来上がろうとしています。
肩の力を抜いて、ふっと笑いに来てください。

【中谷がアフタートークに出演決定!】
2月24日(金)19時15分の回終演後
てんこもり堂のふじもとたかしさん(作・演出)と中谷和代がアフタートークをします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

てんこもり堂 第10回公演
『冬が来る』
Winter will come
~If winter comes, can spring be far behind ?~

作・演出:ふじもとたかし

秋から冬の季節の変わり目は、何故か淋しい気持ちになる。
晩秋になり、遠く見える山々はすっかり紅葉色に染まっている。
三カ月に一度、この地区公民館を利用している人たちによる調整会がある。欠席や遅刻する人もいるなか調整会は和やかに始まり、来春から利用するための部屋の割り振りはいつになく順調に進んでいった。会も終わりにさしかかったとき、利用者の一人が唐突にクリスマス会をしようと提案するが……。
迷える12 人のある場所にまつわる記憶と未来のお話。

てんこもり堂結成10周年にして、第10回公演。
4年ぶりのアトリエ劇研での公演は、春夏秋冬シリーズの第3弾!
2011年4月こどもと大人の美術造形展の中で絵を描く女の姿を描写した『春』、
2013年7月W・シェイクスピア原作『夏の夜の夢』をてんこもり堂流にアレンジして
上演した『真、夏の夜の夢』に続く、本作品は冬の物語。

公演日時:2017年
2月24日(金)~26日(日)
24日(金)19:15☆(中谷アフタートーク出演)
25日(土)15:00 / 19:15★(てんこもり堂メンバーによる座談会)
26日(日)15:00
☆★は終演後アフターイベントあり
*受付・開場は、開演の30分前です。
*上演時間は、約90分程度を予定しております。
*日時指定、全席自由席

出演:
藤原美保 藤村弘二 松田裕一郎 アンドレNOZ
植森阿津子 香山慎太 坪田卓巳 西木達夫
冨田春菜 小笠香澄 金乃梨子 ふじもとたかし

チケット料金:
一般前売… 2,000 円
学生前売… 1,500 円(要証明書)
高校生以下… 1,200 円(前売・当日とも、要証明書)
ペア… 3,600 円(前売のみ)
(当日券は500 円増)

チケット取扱:
●WEB 予約 https://www.quartet-online.net/ticket/tenko_fuyu?m=0bfbjhj(藤原扱い)
●京都芸術センター窓口 (10:00~20:00/無休(12/28~1/4 休館))
*京都芸術センター 〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
TEL:075-213-1000
http://www.kac.or.jp/access/

会場:アトリエ劇研
〒606-0856 京都市左京区下鴨塚本町1
電話:075-791-1966(9:00~17:00(月~
土))
http://gekken.net/atelier/
*駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用下さい。

問い合わせ:
TEL:090-9701-9962(てんこもり堂/きん)
MAIL:tenkomoridou@yahoo.co.jp
URL:http://tenkomoridou.at.webry.info/
↑てんこもり堂ブログにて稽古風景など日々更新中

 

 

《出演情報》ソノノチが、京都学生演劇祭の学生演劇ドラフトに参加します

明日20時から吉田寮食堂にて笑の内閣プレゼンツ「学生演劇ドラフト」の企画にソノノチが参加します!

昨年、中谷が観客として参加していたのですが、登壇者に女性が一人もいなかったことを少しもったいないな〜と思って(まあ実際、京都市内に女性の劇団代表は、数えるほどしかいないのです)それとなく主宰の高間さんに伝えたところ、「じゃあ呼ぶわ」と本当に呼んでくださり、今回登壇させて頂けることになりました。

勿論、ドラフトで才能ある若い方と出会いたいという思いもあるのですが、実際に演劇祭期間を通じて、学生劇団の皆さんの上演に真摯に向き合う(しかもまるまる3日間をかけて・・・)という体験が、自分にとってはとても新鮮で、自分もまだまだ頑張らねばという、引き締まるような気持ちにさせてもらっています。

皆さん勿論今は劇団なりユニットに所属されている方が多いので、未来の劇団員とまではいかないかもしれませんが、素敵な出会いがあるといいなと思います。
参加費はカンパ制だそうです。よろしければ、ぜひご来場ください。

★学生演劇ドラフトとは?
第6回京都学生演劇祭に出場した団体の中から、各指名団体が気に入った役者、スタッフをドラフト形式で指名するイベントです。
参考:2015年の映像
https://www.youtube.com/watch?v=I0DFBYOydog

昨年指名された学生は、実際に客演やスタッフとして起用されるなど、人材発掘の場となっています。

<指名団体>
KAIKA劇団 会華*開花
劇団衛星
ソノノチ
努力クラブ
村川拓也
笑の内閣

司会:丸山交通公園
アナウンス:髭だるマン

《イベント告知》中谷が演出するイベントのお知らせ「みんなでつくろう!茶屋町水族館」

主宰の中谷が、7月30日、31日の二日間、梅田・茶屋町で開催されるイベントの演出とワークショップデザインを担当しています。皆様、ぜひお越しください。

水族館チラシ 水族館チラシ裏

「みんなで作ろう!茶屋町水族館」
茶屋町でものづくりをするクリエイターを増やしたい!という思いから開催されるクラフトワークショップイベントです。ファッション、デジタル、アート、音楽など様々なジャンルの講師&作品が結集!「海」をテーマにした、大人も子どもも一緒に楽しめるイベントです。

<イベント詳細>
◆日程:2016年7月30日(土)、31日(日)
◆時間:11:00~17:00
◆場所:梅田東コミュニティ会館(UNIQLO OSAKAすぐ近く)
◆参加料:無料
◆予約:不要ですが、事前予約でお得に参加できます。
※一部材料費が有料のイベントがありますが、事前予約をすることで<すべて無料>で参加ができます。ぜひ事前予約の上、ご来場ください。
◆来場者さまには、夏の水分補給につめたいスポーツドリンク(500ml)をプレゼント※数量限定、なくなり次第終了。

◆申し込み方法:
①公式サイトよりフォームにてお申込み
http://www.chayamachi.com/umi/ より申し込みフォームにご記入の上お申し込みください。
②メールでのお申込み
【名前・参加人数・年齢・参加希望講座】をご記入の上、専用メールアドレスumi@chayamachi.comにご送信ください。
→定員に達した場合は抽選になる場合もございます。ご了承ください。

◆ワークショップ内容(内容は変更、追加される場合があります。体験時間は30分~1時間を予定しています)

ー有料講座ー
①Tシャツリメイク講座(事前予約で無料。当日参加は材料費700円が必要です)
・・・ワッペンやハギレ、布用ペンでオリジナルTシャツを作ろう!
②お魚帽子つくり講座(事前予約で無料。当日参加は材料費300円が必要です)
・・・帽子に目玉やヒレをつけて自分だけのお魚帽子をつくろう!あのお魚博士に変身できるコスプレ衣装もありますよ♪

ー無料講座ー
③めざせyoutuber!動画つくり講座
・・・アイパッドを使って、動画つくりを学ぼう!サングラスや浮き輪など撮影小道具もたくさんご用意!撮影&編集に挑戦できます。
④バルーンアートに挑戦!
・・・バルーンアーティストが来場し、海のお魚のバルーンつくりに挑戦できます。
⑤楽器つくり&セッションに参加しよう!
・・・会場でもらえるペットボトルや貝殻などを使って楽器をつくってみよう。お魚楽団と一緒に演奏にチャレンジ

ー展示&体験講座ー
⑥巨大段ボールアート「さかなぶね」が登場!
・・・大阪工業大学空間デザイン学科制作の巨大段ボール船がやってきます!魚釣りゲームで伝説のお魚をゲットしよう。
⑦のぞいてみよう!海中VR
・・・今年話題のVRを研究している同大学の小堀研究室がVR展示に参加!のぞくとそこは海の中!?話題のVRを体験してみよう。
⑧「みんなで作ろう!茶屋町水族館」巨大壁画を作ろう
・・・マスキングテープやペン、会場にあるたくさんの文房具や材料で海の巨大壁画をつくります。飛び入りでのイラストレーターさんも大募集します♪


———————————————-

主催:茶屋町・海と日本プロジェクト実行委員会
事務局:茶屋町画廊
企画制作:茶屋町ラボ
協力:梅田東子供会 梅田東連合振興町会 梅田ロフト auショップ茶屋町 MBS 大阪工業大学 北梅田地区まちづくり協議会 クロバー株式会社 綱敷天神社御旅社 ヤンマー UNIQLO OSAKA
助成:日本財団

※このイベントは「海と日本プロジェクト」の一環で実施しています。

《藤原 客演情報!》てんこもり堂第8回公演「おぼろ おぼろ」

先日のダンス公演を経て、次は役者の藤原美保が、GWに京都の劇団「てんこもり堂」さんの公演に客演させて頂きます。

主宰のお二人(ふじもとさん、金さん)には、かねてよりお世話になっており、「さよならの絲」シリーズの際にはアフタートークにお招きしたこともある、お付き合いの深い劇団さんです。
おなじみの役者陣に加え、KAIKA劇団 会華*開可のべってぃこと渡邉くんや、みっちーこと高橋さん、そして中谷が個人的に注目している、立川 潤さんやアンドレNOZさんなども出演されていて、個性豊かなメンバーとそれぞれの役どころなどに、今から注目しています。

しかも今回、新入団員の方も入られたそうで、一層パワーアップしたてんこもり堂さんの公演、藤原も沢山の先輩方の中で試行錯誤の日々を送っているそうです。
どうぞみなさんお楽しみに!

——————————————
てんこもり堂 第8回公演
『おぼろおぼろ』
作・演出:ふじもとたかし
IMG_126720090982229

IMG_126725396430115

“兄の花嫁を募集します”
妹は兄を思い、兄は母を思う。
そして母は誰を思う?
家族を取り巻くすれ違いの喜劇。

公演日時:
2016年
4月29日(金・祝) 19:30
4月30日(土) 14:00/18:00
5月  1日(日) 11:00/15:00
*受付開始・開場は、開演の30分前

出演:
新田あけみ 松田裕一郎 渡邉裕史 高橋美智子 立川潤
アンドレNOZ 藤原美保(ソノノチ)冨田春菜 金乃梨子
ふじもとたかし

チケット料金:
一般前売2,000円
一般当日2,300円
学生前売1,800円
学生当日2,000円(要学生証)
三人券5,000円(前売りのみ)
*三人券はご家族やお友達など三人一緒のご観劇に大変お得です。是非ご利用下さい。

チケット取扱い:
●予約フォーム→https://www.quartet-online.net/ticket/tenkomori_oboro?m=0bfbjhj
●京都芸術センター チケット窓口(10:00~20:00)
●コワーキングスペース小脇(KAIKAのある江村ビル3F) 受付で直接購入できます(販売時間:平日10:00~18:00/臨時休業有)

会場:
KAIKA(京都市下京区岩戸山町440番地 江村ビル2F)
阪急「烏丸駅」23番出口、京都市営地下鉄「四条駅」6番出口から、南西へ徒歩8分。
※新町高辻交差点の北西角、1Fがファミリーマートの建物です。
※KAIKAには、駐車場・駐輪場がございません。お越しの際は公共の交通機関などをご利用ください。

お問い合わせ:てんこもり堂(きん)
TEL:090-9701-9962
MAIL:tenkomoridou@yahoo.co.jp

てんこもり堂ブログ:
http://tenkomoridou.at.webry.info/

企画・製作・主催:てんこもり堂
共催:NPO法人フリンジシアタープロジェクト
協力:鈴木翠 KAIKA劇団 会華*開可 ソノノチ 劇団水曜の家族
<京都芸術センター制作支援事業>
<supported by KAIKA>

《公演情報》ココロからだンスW.S スタジオパフォーマンス #11のお知らせ

役者の藤原美保が出演させていただく、ダンス公演のお知らせです。

京都市東山青少年活動センターが主催する〈ココロからだンスW.S〉は今年で11年目を迎え、今回が最終回とのことです。ナビゲーターの佐藤健大郎さんのもと、初めて出会った仲間たちと4ヵ月間の集団創作に挑んでいます。

前回の一人芝居に続き、今度はダンス公演にチャレンジする藤原の勇姿を、ぜひ見届けてくださいませ!
まだどの回もお席あるようです。以下、公演情報です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ココロからだンスW.S
スタジオパフォーマンス  #11
『  MUTOPIA   -ミュートピア-  』

cocoro_omote_ver2

kokorokaradanze#11

昨年11月から始まった、ダンスワークショップの修了公演です。集まったメンバーでお互いを知ることから始め、お互いに影響し合いながら、このメンバーでしかできない作品を作り上げました。

[日時]
2016年
3月5日(土)14:00/18:00
3月6日(日)14:00
※受付・開場は開演の30分前です。
※入場は前売・予約の方が優先となります。

[チケット料金]
前売・予約   700円/当日   1000円
※当日券は、前売・予約で定員に達した場合販売しないことがあります。
※前売・予約は日時指定のうえ、公演日の2日前まで受付・販売いたします。
※全席自由席です。

[チケット予約・お問い合わせ]
TEL  075-541-0619
○平日     10時~21時(水曜休館)
○日祝日 10時~18時
E-mail  higashiyama@ys-kyoto.org
HP        http://ys-kyoto.org/higashiyama/

[会場]
京都市東山青少年活動センター 創造活動室
(京都市東山区東大路通五条上ル東山区総合庁舎北館2F)

●京阪「清水五条」駅より徒歩15分
五条通を東へ、東山五条交差点で東大路通を北へ
●京都駅より市バス206号系統「東山通・北大路バスターミナル」行「清水道」下車すぐ
●四条烏丸・四条河原町より市バス207号系統「清水寺・九条車庫」行「清水道」下車すぐ

《出演》
岩崎 果林
加藤 彩世
川本 泰斗
斎藤 浩一郎
杉本 奈月
高畠 伶奈
竹内 香織
仲谷 萌
橋岡 七海
藤原 美保
山野 博生

【ナビゲーター・スタッフ】
ナビゲーター 佐藤 健大郎
アシスタント 福井 幸代
川瀬 亜衣
舞台監督 北方 こだち(GEKKEN staff room)
照明          木内 ひとみ
音響          道野 友希菜
記録撮影  拝野 美月

主催:京都市/公益財団法人 京都市ユースサービス協会

◯HP:http://ys-kyoto.org/higashiyama/mutopia/
◯Facebook:https://www.facebook.com/higashiyama.higashiyaman
◯Twitter:https://twitter.com/yskyotohigashi

 

イベント出演のお知らせ:ソノノチとあそぼう!

下京図書館のおたのしみ会イベントで、絵本の読み聞かせイベントをソノノチが担当させていただくことになりました。読み聞かせ以外にも、手遊びやリズムゲーム、折り紙など盛りだくさんの内容でわいわい賑やかにやりたいと思います!
ぜひ遊びにきてくださいね。

———————————-
下京本楽隊ワークショップイベントvol.1
「ソノノチとあそぼう!」
写真 2015-08-09 11 28 10

日時:8月29日(土)
第一部> 11:00-12:30 第二部> 14:00-15:30
※15分前開場、途中入退場自由です。

会 場:下京図書館(京都市下京区新町通松原下る富永町110-1)
参加費:無料
定 員:各回10名程度
対 象:幼児〜小学校低学年くらいまで(親子参加も大歓迎!)

お問い合わせ:下京本楽隊(担当 紙本)075-353-1660

 

写真 2015-07-30 15 44 31

こんな感じで図書館の中にも掲示をしてくださっています!

小劇場コモンズ(俳優向けワークショップ)のお知らせ

KAIKA(四条烏丸にある劇場)にて、主に俳優さんやダンサーさん向けのワークショップ講師をさせて頂くことになりました。
演出家と俳優の抱くイメージの擦り合わせを「こんな感じ」というキーワードを元に体感する2時間にしたいと思います。ご参加お待ちしております。

お申し込み:https://ssl.form-mailer.jp/fms/02eeb20e288525

***************

テーマ:「こんな感じ」って、どんな感じ?

作品をつくるときに、まず「こんな感じにしたい」というイメージがあります。おおよその場合、演出家が持っているイメージです。それは作品のコンセプトであったり、観た人に持たせたい感情だったり、ビジュアル(見た目の)イメージだったりします。
作品の世界観にしろ、役や演技のひとつひとつにしろ、頭の中にある「こんな感じ」を他の人と共有するには、どんな方法があるのでしょう。また、俳優はそこにどのように向き合い、表現すればいいのでしょうか。まずは言葉と身体でやってみます。慣れてきたら、絵や音など、それ以外の方法でもやってみましょう。

【日時】
9月8日(火)19時〜21時30分

【講師プロフィール】
中谷和代
京都の劇団「ソノノチ」主宰。演出家、劇作家、ワークショップデザイナー。京都舞台芸術協会 理事。自劇団の公演活動のほかに、「私の伝え方シリーズ」をはじめとした「伝える」ことに重きをおいたワークショップ実践や、高校演劇の指導、市民ミュージカルの演出なども手がける。

【団体プロフィール】
ソノノチ
2013年に社会人劇団である「劇団ソノノチ」から再旗揚げした、アートとデザインと舞台芸術のこれから(その後)を探るカンパニー。芸大を卒業したメンバーを中心に構成され、繊細なアートワークや物販も好評の劇団。
イベントや試演会への出演、3週間のロングラン公演のほか、今年10月には、初となるツアー公演、6人の『これからの宇(そら)』を上演予定。劇団員も現在募集中。

ーーーーーーーーー

【料金】
1,000円(一回券)

【定員】
各回15名程度

【参加条件】
俳優やダンサー、またはそれらを目指している方。年齢制限はありません。

☆お申し込みはコチラ☆
https://ssl.form-mailer.jp/fms/02eeb20e288525