イベント出演のお知らせ:ソノノチとあそぼう!

下京図書館のおたのしみ会イベントで、絵本の読み聞かせイベントをソノノチが担当させていただくことになりました。読み聞かせ以外にも、手遊びやリズムゲーム、折り紙など盛りだくさんの内容でわいわい賑やかにやりたいと思います!
ぜひ遊びにきてくださいね。

———————————-
下京本楽隊ワークショップイベントvol.1
「ソノノチとあそぼう!」
写真 2015-08-09 11 28 10

日時:8月29日(土)
第一部> 11:00-12:30 第二部> 14:00-15:30
※15分前開場、途中入退場自由です。

会 場:下京図書館(京都市下京区新町通松原下る富永町110-1)
参加費:無料
定 員:各回10名程度
対 象:幼児〜小学校低学年くらいまで(親子参加も大歓迎!)

お問い合わせ:下京本楽隊(担当 紙本)075-353-1660

 

写真 2015-07-30 15 44 31

こんな感じで図書館の中にも掲示をしてくださっています!

小劇場コモンズ(俳優向けワークショップ)のお知らせ

KAIKA(四条烏丸にある劇場)にて、主に俳優さんやダンサーさん向けのワークショップ講師をさせて頂くことになりました。
演出家と俳優の抱くイメージの擦り合わせを「こんな感じ」というキーワードを元に体感する2時間にしたいと思います。ご参加お待ちしております。

お申し込み:https://ssl.form-mailer.jp/fms/02eeb20e288525

***************

テーマ:「こんな感じ」って、どんな感じ?

作品をつくるときに、まず「こんな感じにしたい」というイメージがあります。おおよその場合、演出家が持っているイメージです。それは作品のコンセプトであったり、観た人に持たせたい感情だったり、ビジュアル(見た目の)イメージだったりします。
作品の世界観にしろ、役や演技のひとつひとつにしろ、頭の中にある「こんな感じ」を他の人と共有するには、どんな方法があるのでしょう。また、俳優はそこにどのように向き合い、表現すればいいのでしょうか。まずは言葉と身体でやってみます。慣れてきたら、絵や音など、それ以外の方法でもやってみましょう。

【日時】
9月8日(火)19時〜21時30分

【講師プロフィール】
中谷和代
京都の劇団「ソノノチ」主宰。演出家、劇作家、ワークショップデザイナー。京都舞台芸術協会 理事。自劇団の公演活動のほかに、「私の伝え方シリーズ」をはじめとした「伝える」ことに重きをおいたワークショップ実践や、高校演劇の指導、市民ミュージカルの演出なども手がける。

【団体プロフィール】
ソノノチ
2013年に社会人劇団である「劇団ソノノチ」から再旗揚げした、アートとデザインと舞台芸術のこれから(その後)を探るカンパニー。芸大を卒業したメンバーを中心に構成され、繊細なアートワークや物販も好評の劇団。
イベントや試演会への出演、3週間のロングラン公演のほか、今年10月には、初となるツアー公演、6人の『これからの宇(そら)』を上演予定。劇団員も現在募集中。

ーーーーーーーーー

【料金】
1,000円(一回券)

【定員】
各回15名程度

【参加条件】
俳優やダンサー、またはそれらを目指している方。年齢制限はありません。

☆お申し込みはコチラ☆
https://ssl.form-mailer.jp/fms/02eeb20e288525