【公演レポート】2人の「つながせのひび」

京都の劇団ソノノチとイラストレーターの森岡りえ子が、オリジナルの絵本と、それを原作とした舞台作品をつくります。「大切な人へと受け継がれていく気持ち」をテーマに、”ひびちゃん”と”つきちゃん”の生活を、優しいまなざしで描きます。

庭の植物に水をあげたり、二人してタオルケットにくるまったり
いなくなった猫を探したり、わらって ないて ころげたり…
観客もこの世界の住人のひとりとして、観ていただけたらと思います。


・作品名
2人の「つながせのひび」
・上演日
2016年12月14日(水)~25日(日)
・会場
gallery make[つくるビル]


・クレジット
原作・脚本・演出:中谷和代
絵画制作:森岡りえ子
出演:藤原美保(ソノノチ)
芦谷康介、豊島祐貴(プロトテアトル)《ダブルキャスト》
企画・製作:ソノノチ
宣伝美術:ほっかいゆrゐこ
ユーティリティ:脇田 友
演出補佐:外谷美沙子
楽曲提供:いちろー(廃墟文藝部)
制作:渡邉裕史
制作補佐:溝端友香
物販協力:のちノのち、森岡ふみ子


芦谷・藤原Ver.

 

豊島・藤原Ver.

(撮影:脇田 友)

【公演レポート】6人の「これからの宇(そら)」

ちいちゃんの生まれた日、星がとても綺麗でした。
私はその星を見ながら、ずっと考えていました。
時に近すぎて忘れてしまいそうになるし、同時に遠すぎて忘れそうになる、
すでに彼女が少し忘れてしまっている、彼女自身も含めて6人の、大切な人たちのこと。
これから1年間かけてお話します。
まもなく、この世界、この世界に到着します。

 

 

 

 

 

 


この物語は、昨年、宮沢賢治さんの「銀河鉄道の夜」の舞台化に取り組んでいた時から構想していたものです。
自分の幸せとはなにか。また大切な人たちにとっての、幸せとはなにか。
それはどこから来て、どこに行くのか。「これからの宇」はここから、歩き出しました。

最初は宇宙や星のお話と思って書き始めたつもりが、不思議なことに、だんだんと家族の物語に見えてきました。
宇宙と家族は、どこか似ています。いつもそばにいるのに、ここにいないような気もします。
近すぎて忘れてしまいそうになるし、そして同時に、遠すぎて忘れてしまいそうになります。
いえ、私のように親元を離れて生活していると実際に、どこか忘れてしまっているのです。
わたしたちは、これから、どうやって寄り添えるのでしょうか?
私にもし、新しい家族ができたら、こんなお話をしてあげたいと、そう思います。
(演出ノートより)


【作品名】
6人の「これからの宇(そら)」
【上演日】
京都:2015年10月2日(金)〜5日(月)
愛知:2015年10月17日(土)〜18日(日)
【会場】
京都:スペース・イサン
愛知:ナビロフト


脚本・演出:中谷和代
出演:藤原美保(ソノノチ)、佐々木誠(匿名劇壇)、藤田かもめ、あだち陽(晴天満月/宇宙メイカア)、三鬼春奈、吉田みるく(男肉 du soleil)

舞台監督・演出助手:北方こだち
舞台美術・小道具:栗山万葉
照明:真田貴吉
音響:島﨑健史(ドキドキぼーいず)
衣装・ヘアメイク:たかつかな(何色何番)
楽曲製作:いちろー(廃墟文藝部)
京都公演制作:渡邉裕史(KAIKA劇団 会華*開可)
愛知公演制作:加藤智宏(office Perky pat)
宣伝美術:ほっかいゆrゐこ、脇田友
物販協力:のちノのち
協力:ニシムラタツヤ

【公演レポート】4人の「これからの宇(そら)」

病院のベッドで目を覚ますと、私のお腹には、向こう側を見通せるほどのきれいな穴が空いていました。その小さな爆発の瞬間に、この宇宙も始まったのかもしれないとすら、思ってしまいます。

今ここにいる あなたとわたし。
これからの方 向いているのは どっちかしら?

それは、私が見上げる空のずっと上のほうで、もやのようなものから始まったのです。
これまでわたしが見ていた、そしてこれからあなたと見ていく、この景色にきっとまだその頃は、上も下もなかったのだけれど。

 

 

 

 

 

 


【作品名】
4人の「これからの宇(そら)」
【上演日】
2014年12月29日(月)〜31日(水)(ミソゲキ2014参加作品)
【会場】
ナンジャーレ


脚本・演出:中谷和代
出演:藤原美保、中谷和代(以上 ソノノチ)、玉城大祐(劇団発泡鉄)、渡邉裕史(KAIKA劇団 会華*開可)

音響:北方こだち
楽曲制作:津久井道夫
小道具:臼田泰如

【公演レポート】8人の「さよならの絲」


ほんの少しだけ、隣にすわって。
今度はあなたから、さよならを言って。

 

 

 

 

 


ようこそ。
東の街は、はじめてですか?
鮮やかなベンチの並ぶ賑やかな広場。
季節の花々が咲く裏庭。
あそこに見える大きな杉の木を
曲がったところには、小さな床屋もあります。
そして、ここを訪れるすべての人を、街の住人が温かく迎えます。
彼らは様々に仕事を持ち、互いに支えあって暮らしています。広場で練り広げられる出し物に見入ったり、奥さん達の話し声に耳を傾けたり、疲れたらベンチで一眠りしても構いません。どうぞ何も怖がることなく、いらして下さい。

これは、初めて東の街にきたチャコが、自分の作品世界を模索しながら人々と触れ合う中で、徐々に仕立て屋としての服(役)を着て、いつか依頼をくれることになる未来の街の住人達とさよならをし、仕立て屋としてこれからを生きていく物語。


・作品名
8人の「さよならの絲」
・上演日
2014年3月8日(土)〜23日(日)
・会場
アートコミュニティスペースKAIKA


・クレジット
脚本・演出:中谷和代
出演:
玉一祐樹美(京都ロマンポップ)、村井春也。(何色何番)、藤原美保、蛭田幸恵(劇団ヘルベチカスタンダード)、澤 雅展(突き抜け隊)、マキノナヲキ、岡本健(劇団ZTON)、菅原陽樹
演出部 矢田部恵子、浜崎 聡(TROUBLE PiECE)
舞台監督 北方こだち
アートディレクション・宣伝美術 ほっかいゆrゐこ(劇団ソノノチ)
舞台美術 栗山万葉
小道具 廣瀬愛子(劇団ソノノチ)
照明 真田貴吉
音響 島﨑健史(ドキドキぼーいず)※﨑が旧字体なので注意
楽曲制作 津久井道夫
衣装・ヘアメイク たかつかな(何色何番)
衣装アシスタント 廣瀬 雅
制作 大瀧周平
広報・宣伝 弘津なつめ
歌唱指導 三木万侑加
イラスト 森岡りえ子
物販協力 のちノのち
ウェブ 中谷和代

【公演レポート】3人の「さよならの絲」


ほんの少しだけ、隣にすわって。
たとえ辛くても、さよならを聞いて。

 

 

 

 

 

 

とある田舎町のスナックの二階に、チャコの仕立て屋はありました。
昼も夜もひんやりとしていて、電球ひとつだけの灯りに頼った暗い部屋でした。
ジレとボレロは、西の方からこの東の街に越してきた、若い夫婦です。
二人で作ったパン屋がオープンする日にジレが着るベスト。これが、ボレロからの注文でした。
「あなたがそれを仕立ててくれる間、私はあの人のいた頃の夢でも見ていよう。」
そして、ベストの制作が始まります。
ボレロはいつしか、ミシンの縫い目をひとつひとつ辿り返して、ジレと二人、この街に来たころのことを思い出していました。それは時間の端を返し縫いする合間に起こった、一人と二体のものがたりです。
音楽が聞こえます。ワルツです。
そろそろベストも仕上がって、お別れの時間が近づいてきました。

パン屋の夫婦の服を仕立てていく中で、チャコがすがりついていた独りよがりな物語の世界とさよならする、はじめての納品までの物語。


・作品名
3人の「さよならの絲」
・上演日
2013年6月21日(金)〜23日(日)
・会場
アートコミュニティスペースKAIKA


・クレジット
脚本・演出:中谷和代
出演:玉城大祐(劇団発泡鉄)、村井春也。(何色何番)、玉一祐樹美(京都ロマンポップ)
演出部 矢田部恵子、浜崎 聡(TROUBLE PiECE)
舞台監督 北方こだち
小道具 廣瀬愛子(劇団ソノノチ)
照明プラン 御手洗幸助
照明オペ 浜崎 聡(TROUBLE PiECE)
音響 深見歩未
作曲・演奏 津久井道夫
衣装・ヘアメイク たかつかな(何色何番)
物販 山口まなみ(劇団ソノノチ)、廣瀬愛子(劇団ソノノチ)