【外部協力情報(渡邉)】/安住の地『Qu’est-ce que c’est que moi?』

渡邉が制作協力をしております、安住の地『Qu’est-ce que c’est que moi?』が
9月13日から公演が始まります。

安住の地『Qu’est-ce que c’est que moi?』
9月13日(金)- 16日(月・祝)
THEATRE E9 KYOTO

──19世紀のパリを舞台に繰り広げられる地底の音楽劇!
構成・演出|岡本昌也
音楽|バカがミタカッタ世界。

公演情報・ご予約はこちらから

Qu’est-ce que c’est que moi?

——
【あらすじ】
私の中で舞ってるものは、つまり、その───サムシング!サムシング!サムシング!
激動の19世紀パリ、厭世と退廃の詩人ボードレールが厳格なフランス韻文詩のルールを覆し、『散文詩』を確立する。
同じ頃、寂れた街に生き、飢えと詩情と虚無の間で揺蕩う者たちがいた。
ヴォキャブラリイを持たない彼らは自らの心にある妙なものがいったいなんであるのか言い表せない、伝えられない、わからない……。
それでもとめどなく湧いて出る”サムシング”にハナから形式のない小市民たちが詠んだナチュラル散文詩!

【キャスト】
森脇康貴
中村彩乃
にさわまほ
武田暢輝
沢栁優大
雛野あき
高橋紘介
藤澤賢明
吟醸ひや子
北川啓太
高阪勝之
タナカ・G・ツヨシ
バカがミタカッタ世界。▷HP ▷SoundCloud

【スタッフ】
演出部:山下裕英/タヌ(第三劇場)
ドラマトゥルギー:朴建雄
舞台監督:玉井秀和
舞台監督補佐:平林肇
舞台美術:竹腰かなこ
音響:椎名晃嗣(劇団飛び道具)/ 秋本 真生(劇的集団忘却曲線/nosB) / 秦さやか
音楽:バカがミタカッタ世界。/ 岡本昌也
編曲:堀村みどり
照明:真田貴吉
映像:岡本昌也 / 武田暢輝
衣装:大平順子 / 山井ひなた / 鍵山千尋
衣装提供:北島健介
ヘアメイク:篁怜
物販:大平順子 / ケースイーダー
宣伝美術:岡本昌也 / 中川裕喜 / 日下七海
小道具:山下裕英
WEB:私道かぴ
制作:安住の地
制作協力:渡邉裕史(ソノノチ)/ 狭雲藍(劇団〈未定〉)/ 仲村うめの
協力:河口琢磨 / CoRich舞台芸術!/ 男肉 du Soleil / 劇団飛び道具 / ソノノチ/ 劇団〈未定〉/ 第三劇場
主催:安住の地
京都芸術センター制作支援事業
・上演時間は約100分を予定しております。
・受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前です。
・日時指定、全席自由席となっております。

【料金】
|一般:3,000円
|U-25(25歳以下):2,500円
※いずれも当日料金+500円
|高校生以下:1,000円(前売・当日料金一律)※受付にて学生証か年齢のわかるものをご提示ください。

【会場】
THEATRE E9 KYOTO
〒601-8013 京都府京都市南区東九条南河原町9−1
アクセス:「京都」駅八条口より徒歩14分
地下鉄「九条」駅より徒歩11分
JR・京阪「東福寺」駅より徒歩7分
京都市バス16、84系統「河原町東寺道」より徒歩3分
※駐車場はございません。近隣のコインパーキングをご利用になるか、公共交通機関をご利用ください。

【ソノノチ出演情報】使われなくなった茶工場で観る ナイトシアター

静岡県掛川市の北部に位置する「原泉地区」で現代アートによって地域の魅力をみつけていく原泉アートプロジェクト(@haraizumiart )。

そこで行われるイベント「原泉アートデイズ!」(2019.10.24〜11.10)での作品発表に向けて、ソノノチは6月と7月に滞在製作を行っています。原泉の土地や自然を感じながら作品構想を膨らませています!

その「原泉アートデイズ!」の前にプレイベントがあり、ソノノチも小作品を上演します。

里山の風景の中に残された、使われなくなってしまった茶工場。
夏の終わりの夕暮れ時に、茶工場が小劇場に大変身します。
原泉のローカルフードやビールを片手に、山の中で演劇を鑑賞しませんか?
ぜひご来場お待ちしております!

■日 時:2019年9月7日(土)17:00〜開場
■場 所:旧原泉第2製茶工場(静岡県掛川市萩間702)
■参加費:大人4,500円/小学生以下は1,000円(ミニカレー&ミニデリ&ワンドリンク付)
■定 員:先着50名(要事前申込)
■お申込:下記①〜③をご記入の上、事前にメールにてお申込みください。
①参加される方全員のお名前・年齢
②連絡先電話番号
③お住いの市町村
【お申込み先メールアドレス】 haraizumiart@gmail.com

|プログラム|
▶︎17:00〜 開場 【BAR TIME】
〜Food&Drink〜by Funny Farm
掛川でカルチャーを発信する「カフェ&バーfunny farm」がプロデュース!
ビールやワインと一緒に軽食も楽しめます。
限定!有機原泉茶を使ったHARAIZUMI ALE 2019 byカケガワビールもご用意しています!

〜Entertainment〜 by HAPPY&SLAPPY
自転車発電でDJmix!? 浜松から世界に発信するナイスでハッピーな自転車屋HAPPY&SLAPPYが、今年も原泉にやってくる!
ビールを片手に自転車漕いで、発電しよう!

▶︎17:40〜 【OPENING ACT】原泉の食材をふんだんに使います!
『SOUND COOKING』
ゲスト:ノイズカレー氏

▶︎18:00頃〜【DINNER TIME】
パフォーマンス終了後、みんなでミニカレーをいただきます。

▶︎19:00〜 【THEATER SHOW】演劇作品
『あるわたしたちが、ある日』
(脚本・演出/中谷和代 製作/ソノノチ)

▶︎19:45頃〜【AFTER TALK】
制作・出演者たちの滞在制作秘話や今回の作品のこと、原泉アートデイズ!2019での発表作品のことなどをお話しいただきます!

▶︎20:45頃 閉幕

〜ソノノチ 作品紹介〜
『あるわたしたちが、ある日』
ある日。二日目のある日。あるわたしたちが、斜面の急な山を登った日。
山頂付近に差し掛かったあたりで、大雨が降り始めました。
周囲が白い霧に包まれていく中、ふと、ある不思議な感覚がよぎったことを覚えています。まるでわたしたちがここから、誰にも知られずにいなくなる、その直前のような。
下山してからも、食事をするときも、その感覚のことばかりを考えていました。
わたしたちはきっと最初から、あの場所にあの日、行くことになっていました。

脚本・演出/中谷和代
出演/藤原美保、日向花愛(スピカ)、渡邉裕史
演出部/外谷美沙子、ひなたみかん(劇団FUKKEN)
テクニカル/
脇田友(スピカ)
製作/ソノノチ

〜ゲスト紹介〜
ノイズカレー氏 https://twitter.com/noisecurry
東京都のライブハウスに出没(出演)する。ステージ上で、ノイズを出しながらカレーを作る。ノイズをカレーに浴びせカレーの深みが増すことを願っている。何故、いつからそんな事をやっているのかは誰も知らない。
自然に囲まれてのノイズカレーは初の試み。
Twitter @Noisecurry
|会場への行き方|
●自家用車で、新東名高速道路「森掛川IC」から約15分、または国道1号線「西郷IC」から約15分
●掛川市バスで、掛川駅から約30分「樽下」バス停から徒歩30秒
*駐車場*
さくら咲く学校(旧原泉小学校/掛川市萩間423)に駐車、徒歩5分。

*無料送迎*
イベント終了前後に、掛川駅まで無料送迎いたします。
当日、受付時にお申し込みください。(2〜3本/約40分ごと)

*ご宿泊について*
「ならここキャンプ場」キャンプサイト又はバンガローをお勧めしています。(会場まで徒歩15分程)詳しくはHPをご確認ください。http://narakoko.info/

【主催】 原泉アートプロジェクト
【協力】 資生堂企業資料館、資生堂アートハウス、原泉地区まちづくり協議会、さくら咲く学校、ソノノチ、ノイズカレー、
ならここの里(キャンプ場・温泉)、funny farm、掛川ファームブルーイング、HAPPY&SLAPPY、原泉農事茶業組合
【後援】 掛川市文化振興課

静岡県文化財団ふじのくに文化プログラム推進事業
静岡県文化プログラム

 

8月の基礎鍛錬ワークショップソノノキン

8月のソノノチ基礎鍛錬ワークショップ「ソノノキン」
テーマは、「戯曲の風景」

数ある戯曲の中で一度読んでみたかったあの戯曲を、みんなで読んでみよう第6弾!
戯曲を読みながら、その世界の風景をたどってみませんか?
どの作品を読むかは、お楽しみに。
戯曲を読みたい方、声を出したい方、作品に思いをはせたい方などなど、初めてでも大丈夫です。
お気軽にご参加ください。

テーマ:「戯曲の風景」
日時:8月16日(金)19:00~21:30
場所:KAIKA(京都市下京区岩戸山町440番地 江村ビル2F)
参加費:1000円
持ち物:お水などの水分

お申し込み方法:
ソノノチFacebookイベントページの参加ボタンを押していただくか、
又は、お問合せメールアドレス(info@sononochi.com)にお名前・連絡先(電話番号・メールアドレス)を明記の上、ご連絡ください。
※お申し込み後、2日以内に折り返し確認のメールをお送りします。届かなかった場合は下記のお問い合わせ先まで、ご連絡ください。
※info@sononochi.com からのメールの受信許可設定をお願いします。

【ソノノキンとは】
ソノノチの普段の稽古を体験できるワークショップ。公演期間以外にも、能力や体力の維持・向上のため、参加者同士でテーマを持ち寄り稽古をしています。月1回、毎回テーマを変えて実施しており、経験や年齢を問わずどなたでもご参加いただけます。
徹底的に身体トレーニングやストレッチを行う日もあれば、演技メソッド(手法)の勉強会をしたり、参加者の興味のあることをみんなで試してみたり、台本をつかって作品の試作をすることもあります。

【お問合せ】
ソノノチ
電話:090-6206-8990(藤原)
メール:info@sononochi.com