3月の基礎鍛錬ワークショップ「ソノノキン」

3月のソノノチ基礎鍛錬ワークショップ「ソノノキン」

テーマは、「身体のセルフコンディショニングを考える」
俳優のパフォーマンスをするうえで必要な身体づくりや、体調管理など、自分でできる毎日のセルフコンディショニングをみんなで考えます。俳優さん以外にも、ダンサーさんや、スポーツをされている方、毎日を快適に過ごしたいと思われている方など、どなたでもお気軽にご参加ください。

【テーマ】「身体のセルフコンディショニングを考える」
【日時】3月6日(金)19:00~21:30
【場所】KAIKA(京都市下京区岩戸山町440番地 江村ビル2F)
【参加費】1000円
【持ち物】お水などの水分、動きやすい服装

【お申し込み方法】
ソノノチFacebookイベントページの参加ボタンを押していただくか、
又は、お問合せメールアドレス(info@sononochi.com)にお名前・連絡先(電話番号・メールアドレス)を明記の上、ご連絡ください。
※メールにてお申し込みの場合、2日以内に折り返し確認のメールをお送りします。届かなかった場合は下記のお問い合わせ先まで、ご連絡ください。
※info@sononochi.com からのメールの受信許可設定をお願いします。

【ソノノキンとは】
演劇を創作するなかで必要な基礎能力を培うために、月1回、ワークショップ形式で行っている稽古場です。毎回テーマに沿って持ち寄った知識や技術をみんなで共有し、能力の向上につなげます。経験や年齢を問わずどなたでもご参加いただけますので、どうぞお気軽にお越しください。

【お問合せ】
ソノノチ
電話:090-6206-8990(藤原)
メール:info@sononochi.com

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

昨年は、ビジノチズムの公演や、静岡県掛川市・原泉での滞在制作、そしてワークショップ活動などでも、新しいチャレンジをさせていただきました。

そして、2020年。ソノノチが新たに取り組むのは、遠景を眺めるように見ることのできる舞台作品《風景の演劇シリーズ》。
第一弾公演となる『たちまちの流(ながれ)』に向けて、鋭意創作中です。

まずは、1月16日(木)-19日(日)に京都芸術センターにて、多くの方にお会いできますと幸いです。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

ソノノチ劇団員一同

【新作公演情報】ソノノチ2020『たちまちの流(ながれ)』

ソノノチが新たに取り組むのは、遠景を眺めるように見ることのできる舞台作品「風景の演劇シリーズ」
その第一弾が本作です。

今回の公演『たちまちの流(ながれ)』では、風・川・星など、自然環境のなかの様々な景色、記憶、風景がたちあらわれます。
公園のベンチで遠景を眺めるように、風景画を眺めるかのように、「風景の中を旅する」演劇作品です。
ソノノチが挑む新シリーズ。ぜひ劇場でご覧ください。

 

Co-program 2019カテゴリー D「KACセレクション」採択企画

ソノノチ2020『たちまちの流(ながれ)』

//////////////////////////////////////////////

 

ひろい世界の中の 星粒のような わたしの在り処(ありか)

 

一番大きな面をまず、草原と、鳥たちの群れのラインで分離する。

ところどころに、小さい花を散りばめる。

上から順に色の名前を言う。また、音楽を添えてみる。

いつか夢で見た場所と照らし合わせる。

その中をそっと、歩いてみる。

//////////////////////////////////////////////

「景」という字には、光と影、という意味があるそうです。つまり「風景」という言葉は、風と、光と影で成り立っていたのです。
この数年、私たちは離島や山間部の集落、湖岸、川辺、などに出かけ様々な場所を取材しました。
中でも人の手の入れられていない、数少ないまさにありのままの自然を眺めるうちに、それらは当然ですが一定の法則と性質を持ち、互いが関連しあい、独自のリズム、流れを持っていることに気が付きました。また、それを見る主体(ここで言う私たち自身)が、その場所を訪れ、つかの間関わり、その場を離れる、その繰り返し。振り返ると、まるで風のように旅をしているようでした。

そこで本作品では、風たちが光と影の織りなす世界を旅する、という様子を描くことにしました。

この旅が一体どこに行き着くのか、誰にもわかりません。いつかこういう作品をつくりたい、という想い。創作する者としての希望であり、あこがれのような気持ちを抱えたまま、時にその場にたゆたい、時に駆け巡るように、旅を続ける最中です。目指すものは確かにある、という強い気持ちで、今ここに立ち、共にまだ見ぬ風景に手を伸ばし続ける日々です。

(ソノノチ 中谷和代)

//////////////////////////////////////////////

 

【構成・演出】

中谷和代

 

【出演】

藤原美保(ソノノチ) 芦谷康介(サファリ・P) 香川由依 黒木正浩(ヨーロッパ企画)

呉 光倩 筒井茄奈子 仲谷 萌(ニットキャップシアター) 葛井よう子

 

 

【日時】

2020年
1月16日(木) 19:30
1月17日(金) 14:00/19:30
1月18日(土) 13:00/18:30
1月19日(日) 14:00

 

【会場】

京都芸術センター フリースペース

京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

芸術センター地図

[アクセス] 地下鉄烏丸線「四条駅」、阪急京都線「烏丸駅」22・24 番出口より徒歩5分
https://www.kac.or.jp/access/

 

料金】

一般・・・・・・・・ 2,800円
学生・・・・・・・・ 2,300円
初めて割・・・・・・ 2,500円 ※前売りのみ
初めてペア・・・・・ 5,000円 ※前売りのみ
高校生以下・・・・・ 1,000円
グッズ付きチケット・ 5,000円 ※前売りのみ・数量限定

  • 〇日時指定入場券
  • 〇受付開始は開演の30分前
  • 〇当日券は500円増(高校生以下、除く)
  • 〇学生と高校生以下のチケットは、当日受付にて、学生証をご提示ください。
  • 〇「初めて割」は、ソノノチの本公演を初めてご覧になる方が対象
  •  (ペアはどちらか1名が初めてで適用。同一回に2名でご来場ください)
  • 〇「グッズ付きチケット」のグッズは、公演物販では販売しない全て手作りの限定商品です。
      グッズは木枠にガラスタイルをひとつひとつ丁寧に貼りつけた、柔らかいグラデーションの写真立てです。
      詳細:http://sononochi.com/tachimachi_ticketsgoods

 

チケット取扱】

発売開始:11月1日(金)12:00から

①CoRich舞台芸術!(支払い方法:銀行振込 、現金での当日精算)

携帯からの予約はこちらをクリック!

*銀行振込特典あり!
お振込でご購入いただいたお客様には、公演当日受付で「ソノノチップ」をプレゼント。
→200円分のグッズ割引券として、その場からお使いいただけます。

②パスマーケット(支払い方法:クレジットカード、コンビニエンスストア決済、Yahoo!ウォレット)

ご購入はこちらのリンク先から

発券手数料・システム利用料は無料で、ID登録なしでもご購入いただけます。
Yahoo! JAPAN IDがあれば最短2クリックでお申し込みいただけます。
ご購入のお客様には、デジタルチケット(QRコード)が発行されますので、発行されるQRコードを当日会場にてご提示ください。 

その他、窓口販売もございます。
京都芸術センター 窓口(支払い方法:現金)
[10:00-20:00/年末年始は休館]

※銀行振込でのお支払は、ゆうちょ銀行での対応となります。(但し、振込でのご購入は1月9日申込締切)
※メールでお申し込みの場合は、希望公演日時/お名前/券種/人数/ご連絡先 を明記の上、メールをお送りください。
こちらからの返信を以ってお申込完了となります。
※特別な配慮が必要な方は事前にソノノチまでご連絡ください。

 

お問合せ】

ソノノチ

電話:050-5318-7717(制作)
メール:info@sononochi.com
Twitter  @sononochi / Facebook  ソノノチ

 

スタッフ】

演出部:外谷美沙子(ソノノチ)、ひなたみかん(劇団FUKKEN)、たかつかな(何色何番) 楽曲製作:いちろー(廃墟文藝部)
舞台監督:北方こだち 照明:河口琢磨(劇団飛び道具) 音響:道野友希菜 舞台美術:竹内良亮
衣装:たかつかな(何色何番) 宣伝美術:ほっかいゆrゐこ イラスト:森岡りえ子 記録撮影:脇田友(スピカ)
制作:渡邉裕史、小川裕夏、柿原律、吉岡ちひろ(劇団なかゆび) 物販:ソノノチノチ

 

主催・企画・製作:ソノノチ
共催:京都芸術センター、一般社団法人フリンジシアターアソシエーション 後援:NPO法人京都舞台芸術協会

芸術文化振興基金助成事業
made in KAIKA