【公演情報速報】ユニット美人×ソノノチ “ビジノチズム”

ユニット美人×ソノノチ “ビジノチズム”、新作公演します!

昨年7月、アガリスクエンターテイメント主催の全国コントレックス《京都公演》のために結成された、作品の方向性も世界観も全く異なる京都の女性ユニット2組が平成最後に滑り込みで、再集結!
果たして、イズムは交わるのか。。
チケット発売開始は3月。ユニット美人さんとのコラボ公演、ぜひご期待ください!
公演詳細は、続報をお待ちください。

——————————-
ユニット美人×ソノノチ “ビジノチズム”
『イズム、離れて』

日程:2019年4月12日(金)〜14日(日)(全5ステージ)
会場:KAIKA(京都市下京区岩戸山町440 江村ビル2F)

「わかりあえなさが耐えられなかったんです、私」
「混ざり合ったじゃないですか!ねえ!ねえええ!」

作・演出:ビジノチズム

出演:
紙本明子(劇団衛星ユニット美人
黒木陽子(劇団衛星/ユニット美人)
田中沙穂(劇団衛星)
中谷和代(ソノノチ)
藤原美保(ソノノチ)
ほか

主催:ビジノチズム(ユニット美人、ソノノチ)、一般社団法人フリンジシアターアソシエーション
協力:劇団衛星
スペシャルサンクス:アガリスクエンターテイメント

お問い合わせ先
電話:050-5318-7717(制作)
メール:info.bijinochism@gmail.com

団体プロフィール:
「女性が考える女性の強さ・美しさ・笑い」をテーマに、短編から長編まで様々な公演で笑いを取って来たユニット美人と、フェミニンでファンタジックな「おとぎ話」の中のような会話劇をベースに、暖かく優しい世界を作り出すソノノチ。
昨年7月の全国コントレックス《京都公演》*で結成された、作品の方向性も世界観も全く異なる京都の女性ユニット2組による夢の共演が再び。大雨の影響で上演できなかったエネルギーを本作にぶつけます。
*東京の劇団・アガリスクエンターテイメントが主催するオムニバス・コントライブイベントの全国出張版。京都では2018年7月に上演を行ったが、大雨のため上演中止となった日もあった。

「この企画の目的は、世界平和やと思うんですよ」

【外部協力情報(中谷)】/MONO「はなにら」

中谷が制作メンバーとして参加しています!

MONOさんは、結成30周年。
ソノノチのメンバーが生まれてまもなくの頃から、劇団で作品を上演し続けておられます。
今回の「はなにら」という作品は、20年前の天変地異によって家族を失った人々が、寄り添って家族となって暮らす家で、新たな旅立ちの日が来たことを受けて巻き起こるヒューマンコメディです。
「人が一緒にいるってどういうこと?」というテーマを、疑似家族を舞台に描き出します。
どうぞご期待ください。


MONO「はなにら」

<ものがたり>
20年前の天変地異により、親や子供を失った人たち。
他人であったはずの彼らは寄り添うように家族になった。
たくさんのお父さん。顔もバラバラな娘たち。
拒絶、喧嘩、涙、そして笑顔を何百回も繰り返し、
今、旅立ちの時は来たようだ。
ところでMONOは結成30年。今回は疑似家族の物語です。
一緒にいるとはどういうことか? 別れとはいったいなんなのか?


作・演出:土田英生
出演:水沼 健 奥村泰彦 尾方宣久 金替康博 土田英生
石丸奈菜美 高橋明日香 立川 茜 渡辺啓太


◆東京公演
2019年3月2日(土)⇒ 3月10日(日)
@吉祥寺シアター

◆豊橋公演
2019年3月16日(土)⇒ 3月17日(日)
@稲の国とよはし芸術劇場PLAT アートスペース

◆京都公演
2019年3月23日(土)⇒3月27日(水)
@ロームシアター京都 ノースホール

◆広島公演
2019年3月30日(土)⇒ 3月31日(日)
@広島JMSアステールプラザ

▽詳細はこちら
MONO 公式サイト:https://www.c-mono.com/stage.html

 

【外部協力情報】外谷が雲南市創作市民劇に参加します

2018年6月に島根に移住した外谷が、2019年3月に島根県で上演される雲南市創作市民劇「KIRINJI 新説・山中鹿介」に、演出助手として参加いたします。

メディアにも多く取り上げられるなど、地元ではかなり話題となっている雲南創作市民劇。
毎年開催されるごとに参加者も増え、今年は高校生の多いフレッシュな座組となっています。

尼子の命運を一身に背負い、幾度敗れようとも不屈の精神で立ち上がりつづけた山中鹿介の生涯が、新たな物語として紡がれます。ぜひお越しください。

イベント詳細
雲南市創作市民演劇2019
『KIRINJI 新説・山中鹿介』
脚本・演出:亀尾佳宏
特別出演:松村武(劇団カムカムミニキーナ主宰)

続きを読む…