【外部協力情報(藤原)】鳥公園『すがれる』

劇団員の藤原が出演します。

鳥公園『すがれる』
5月2日(土)~5月5日(火)
ストリートシアターフェス「ストレンジシード静岡2020」

5月15日(金)~5月18日(月)
THEATRE E9 KYOTO×京都舞台芸術協会ショーケース企画“Continue”

静岡・京都2都市ツアー公演。


鳥公園『すがれる』
西尾佳織が作・演出を兼ねる体制から、西尾の執筆した戯曲を三名の演出家が上演する新体制となった鳥公園。新体制初の上演プロジェクトとなる今回は、西尾が過去に上演した『すがれる』を和田ながら(したため)が演出する。『すがれる』は、漢字では「末枯れる」と書く。「盛りを過ぎて衰え始める。風化し始める。植物が、冬をむかえて枯れていく」という意味の言葉だ。私たちはみんな、スエ・カレル。終わりに向かう、その変化の始まりに気付いた人は、一体どれだけの時間、その人を(あるいは土地を、物事を、)見つめていたのだろう。

作 |西尾佳織
演出|和田ながら
出演|松田早穂(dracom)、三田村啓示、藤原美保(ソノノチ)
音響|甲田徹


ストリートシアターフェス「ストレンジシード静岡2020」

会場|[エリア]常磐公園エリア [ベニュー]プロムナード

日程|2020年
5月2日(土)14:30 / 17:00
5月3日(日)14:30 / 17:00
5月4日(月)16:00
5月5日(火)15:30 / 17:00

料金|予約不要・観覧無料

ストリートシアターフェス ストレンジシード静岡
日程|2020年5月2日(土)~5日(火・祝)
会場|駿府城公園、静岡市役所・葵区役所、常磐公園など静岡市内
主催|静岡市
共催|SPAC-静岡県舞台芸術センター


THEATRE E9 KYOTO×京都舞台芸術協会ショーケース企画“Continue”

会場|THEATRE E9 KYOTO(〒601-8013 京都市南区東九条南河原町9-1)

日程|2020年
5月15日(金) 19:00 A
5月16日(土) 14:00 B★ / 19:00 A
5月17日(日) 14:00 A★ / 19:00 B
5月18日(月) 14:00 B

※上演時間  各団体約1時間を予定
※途中10分間の休憩を挟みます

Aプログラム|鳥公園/NPO法人大阪現代舞台芸術協会(DIVE)
Bプログラム|正直者の会/ドキドキぼーいず

★感想シェア会
終演後に劇場1F にあるCafe&Restaurant Odashiにて、感想シェア会を行います。
どなたでも参加可能です。作品を見て感じたこと・考えたことを、同じ作品を観た人同士でシェアしてみませんか。
*参加にはお一人ワンドリンクご注文いただきます。

チケット|
[自由席/日時指定/税込] 前売 一般:3000円 U-25:1500円
当日 一般:3500円 U-25:2000円
AB通し券*  一般:5000円 U-25:2500円
*AB通し券について
・プログラムA,Bをそれぞれ一回ずつご覧いただけます。
・チケット申し込みの際に、希望する2つの回を備考欄に記入ください。
・予約限定の販売となります。当日はお買い求めいただけませんのでご注意ください。

チケット取り扱い|
▽THEATRE E9 KYOTO
https://askyoto.or.jp/e9/ticket/20200515
チケットフォームほか、お電話でも受け付けております。
TEL:075-661-2515(10:00~18:00)

舞台監督|河村都
照明|吉本有輝子
企画・製作|
THEATRE E9 KYOTO(一般社団法人アーツシード京都)
NPO法人京都舞台芸術協会
制作|福森美紗子
宣伝美術|永戸栄大
主催|THEATRE E9 KYOTO(一般社団法人アーツシード京都)
共催|NPO法人京都舞台芸術協会
協力|NPO法人大阪現代舞台芸術協会(DIVE)

 

公演レポート「たちまちの流(ながれ)」

ひろい世界の中の 星粒のような わたしの在り処(ありか)

一番大きな面をまず、草原と、鳥たちの群れのラインで分離する。
ところどころに、小さい花を散りばめる。
上から順に色の名前を言う。また、音楽を添えてみる。
いつか夢で見た場所と照らし合わせる。
その中をそっと、歩いてみる。

 


【作品名】ソノノチ2020『たちまちの流(ながれ)』

【日時】
2020年
1月16日(木) 19:30
1月17日(金) 14:00/19:30
1月18日(土) 13:00/18:30
1月19日(日) 14:00

【会場】
 京都芸術センター フリースペース(京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2)


【構成・演出】
中谷和代

【出演】
藤原美保(ソノノチ) 芦谷康介(サファリ・P) 香川由依 黒木正浩(ヨーロッパ企画)
呉 光倩 筒井茄奈子 仲谷 萌(ニットキャップシアター) 葛井よう子

【スタッフ】
演出部:外谷美沙子(ソノノチ)、ひなたみかん(劇団FUKKEN)、たかつかな(何色何番) 楽曲製作:いちろー(廃墟文藝部)
舞台監督:北方こだち 照明:河口琢磨(劇団飛び道具) 音響:道野友希菜 舞台美術:竹内良亮
衣装:たかつかな(何色何番) 宣伝美術:ほっかいゆrゐこ イラスト:森岡りえ子 記録撮影:脇田友(スピカ)
制作:渡邉裕史、小川裕夏、柿原律、吉岡ちひろ(劇団なかゆび) 物販:ソノノチノチ

主催・企画・製作:ソノノチ
共催:京都芸術センター、一般社団法人フリンジシアターアソシエーション
後援:NPO法人京都舞台芸術協会

芸術文化振興基金助成事業
made in KAIKA

(撮影:脇田友)

3月の基礎鍛錬ワークショップ「ソノノキン」

3月のソノノチ基礎鍛錬ワークショップ「ソノノキン」

テーマは、「身体のセルフコンディショニングを考える」
俳優のパフォーマンスをするうえで必要な身体づくりや、体調管理など、自分でできる毎日のセルフコンディショニングをみんなで考えます。俳優さん以外にも、ダンサーさんや、スポーツをされている方、毎日を快適に過ごしたいと思われている方など、どなたでもお気軽にご参加ください。

【テーマ】「身体のセルフコンディショニングを考える」
【日時】3月6日(金)19:00~21:30
【場所】KAIKA(京都市下京区岩戸山町440番地 江村ビル2F)
【参加費】1000円
【持ち物】お水などの水分、動きやすい服装

【お申し込み方法】
ソノノチFacebookイベントページの参加ボタンを押していただくか、
又は、お問合せメールアドレス(info@sononochi.com)にお名前・連絡先(電話番号・メールアドレス)を明記の上、ご連絡ください。
※メールにてお申し込みの場合、2日以内に折り返し確認のメールをお送りします。届かなかった場合は下記のお問い合わせ先まで、ご連絡ください。
※info@sononochi.com からのメールの受信許可設定をお願いします。

【「新型コロナウイルス感染症に係るイベントの開催基準」の策定について】

【ソノノキンとは】
演劇を創作するなかで必要な基礎能力を培うために、月1回、ワークショップ形式で行っている稽古場です。毎回テーマに沿って持ち寄った知識や技術をみんなで共有し、能力の向上につなげます。経験や年齢を問わずどなたでもご参加いただけますので、どうぞお気軽にお越しください。

【お問合せ】
ソノノチ
電話:090-6206-8990(藤原)
メール:info@sononochi.com