【外部参加・ワークショップ情報】「第四回名古屋俳優合同オーディション」にソノノチが参加、中谷がファシリテーターを務めます

名古屋等で活動する複数の劇団の演出家による合同オーディション企画が行われます。

今オーディションは『劇団と俳優の出会う場』を提供することを目的としており、ワークショップで共に時間を過ごし、お互いがどんな劇団なのか、どんな俳優なのかを確認した上で、それぞれのその後の活動に繋がる第一歩を踏み出せるようにすることを目的としています。

ご参加心よりお待ちしております。

【企画概要(俳優オーディション)】

第四回名古屋俳優合同オーディション

参加資格:
芝居への強い意欲がある人
※高校生以下の方は必ず事前にご両親の許可を取った上でご参加ください。
※所属劇団のある方は必ず事前に劇団主宰に許可をお取りください。
※途中入退場がある方は応募出来ません。

日時:
5月5日(土)14:30~20:15
5月6日(日)10:30~20:30(交流会含)

会場:
演劇練習館アクテノン(5F リハーサル室)
名古屋市中村区稲葉地町1丁目47番地
※駐車場はご使用できません。

運営協力費:
学生:3000円
一般:4500円
※参加費はオーディション初日にお持ちください。

当日必要な物:
ジャージ(もしくは同等に動ける服)
室内で履ける運動靴
筆記用具

定員:30名(先着順)

ファシリテーター(俳優オーディション):
・かしやましげみつ(あたらしいまち)
・新宮虎太郎(喜劇のヒロイン)
・中谷和代(ソノノチ)
・西尾武(妄烈キネマレコード)
・西野勇仁(演劇ニッケル)
・にへいたかひろ(よこしまブロッコリー)
・長谷川公次郎(虚構オメガ)

ファシリテーター(制作ワークショップ):
・長谷川公次郎(名古屋演劇アーカイブ)

◆詳細・お申込みはこちら◆

主催 名古屋演劇アーカイブ

ソノノチ2018「いられずの豆」稽古場公開のお知らせ

ソノノチ2018「いられずの豆」
稽古場を公開します!

今春上演のソノノチ新作公演の稽古を公開します。
月に1回ペースで開催しているソノノキンとはちがい、いわゆる稽古の様子を見ていただく形になりますが、ソノノチの創作風景や稽古場の空気を存分に味わっていただけると思います。
見学は無料、入退場自由です。
コミュニティカフェを題材に描く今作品、稽古の様子をよろしければどうぞ覗きに来てください。

また、ソノノチは5月に劇団員オーディションを予定しておりますので、稽古場の雰囲気を見てみたい方はこの機会にぜひ!
(劇団員オーディションに関してはこちらの記事をご覧ください。)

【稽古日時・場所】
3月16日(金)16:00~19:00
3月18日(日)18:00~22:00
3月21日(水)18:00~22:00
3月23日(金)14:00~17:00
3月24日(土)14:00~17:00
3月30日(金)18:00~22:00
3月31日(土)14:00~17:00
場所:芸術センター制作室5

4月6日(金)18:00~21:30
4月8日(日)18:00~21:30
場所:KAIKA

【お申込み】
お問合せメールアドレス(info@sononochi.com)、もしくは劇団員まで、
件名に「稽古場見学希望」、本文に①~③を記載いただき、ご連絡ください。
①お名前
②見学に来られる日時
③連絡先(電話番号・メールアドレス)

【お願い事】
※急遽、稽古スケジュールが変更になる可能性がございますので、
見学の際は、必ず、事前にご連絡をお願い致します。
※新作公演の稽古ですので、時にアイデアが煮詰まったりしたり、時に実験的なことを試してみていたり、発展途上の様子をご覧いただくことになる場合もございますので、ご留意下さい。
※入退場は自由ですが、稽古の妨げとなることがないよう最低限のマナー・配慮にご協力いただけますようお願い致します。