ソノノチは活動5周年を迎えました

ソノノチは2018年で、活動5周年を迎えました!
小さなカンパニーですが、アソシエイトカンパニーとして拠点にさせていただいているKAIKAという場所と、応援して下さる方々に支えていただいたおかげで、なんとかここまで歩いて来ることができました。これからも心に優しく届くような作品と場をつくることで、 人が人を大切に想うことができる、そんな これまでとこれから(その後)を作っていきます。

ソノノチでは5周年を迎えるにあたり、下記のようなことを行います!

ウェブサイトをリニューアル
現在のサイトから、大きくリニューアル予定です。
ソノノチのこれまでとこれからの活動について発信していきますので、どうぞお楽しみに!

新作公演「いられずの豆」
ソノノチが春先の出会いと別れの季節に送る、新作の演劇公演です。
店主のいない、街の小さなコミュニティカフェに集う、4人の男女の物語。家族でもない、友人でもないけれど、私たちはどのくらい一緒になにかをすることができるだろう・・・。
近づかないけど離れない、人と人との関係を描いた作品です。

「つながせのひび」ツアー
《大切な人へと受け継がれていく気持ち》《やさしく、いとおしい日々の記憶》をテーマに2016年12月に初演された、オリジナルの絵本を原作にした舞台作品「つながせのひび」を、ツアーにて全国で上演します。いとおしく、ちょっぴり切ない冬のお話です。

5周年記念グッズの作成
物販部ソノノチノチから、オリジナルの手作りグッズを作成します。
公演会場やソノノチノチが出店するフリマなどでご覧いただけますので、ご期待ください。

各種ワークショップ・イベント開催
誰でも参加できる基礎鍛錬のための稽古場「ソノノキン」、ソノノチが演劇にまつわる仕事や歴史について紹介するカフェイベント「ソノノチ×カダナ 手仕事紹介イベント」、本とアートの「下京本楽隊」ワークショップ、演劇を使ったコミュニケーションワークショップ、高校演劇の講習会など、公演以外にも演劇と社会のいろんな場所・人をつなげる活動を、これまで以上に精力的に行っていきます。

2018年もソノノチをどうぞよろしくお願いいたします!
ソノノチ劇団員 一同


*ソノノチ 2018年の活動予定*
■1月21日
ソノノチ×カダナ 手仕事紹介イベント第2回
「おいたち」
@カダナ(京都市左京区の喫茶店)

■2月18日
下京本楽隊ワークショップvol.11×ソノノチ
おとなとこどもの「つながせのひび」
(みんなでつくった劇の発表会)
@下京図書館

■4月上旬
新作公演「いられずの豆」
@京都市内某所

■11月下旬-12月
ツアー公演「つながせのひび」
@京都・名古屋・東京(予定)

上記以外にも、様々な活動を予定しております。
またウェブサイト、Twitter、Facebookでも随時発信していきますので、ぜひご覧ください。

【藤原出演情報】文化庁メディア芸術祭京都展Ghost(ゴースト)にて、高嶺格さん出展作品「歓迎されざる者」に出演いたします

文化庁メディア芸術祭京都展 Ghost(ゴースト)にて、高嶺格さん出展作品「歓迎されざる者」に、藤原美保が出演いたします。

文化庁メディア芸術祭京都展 Ghost(ゴースト)

日時:2018年1月14日(日)~2月4日(日)10:00~19:00
※火曜日は13:00~19:00
会場:ロームシアター京都
※ノースホールは1月25日(木)まで、ミュージックサロンは1月21日(日)まで
料金:無料、申込不要

文化庁メディア芸術祭京都展 Ghost(ゴースト)特設サイトはこちら http://mediaarts-kyoto.com/

「歓迎されざる者」高嶺格 作品詳細はこちら http://mediaarts-kyoto.com/program/north_hall/the_unwelcomed/
14日~25日までの出展になります。
藤原の出演時間は、個人Twitterでつぶやいておりますので、こちらをご覧ください。https://twitter.com/mirukiisein

 

1月のソノノチ基礎鍛錬ワークショップ「ソノノキン」

1月のソノノキンテーマは「戯曲の風景」

数ある戯曲の中で一度読んでみたかったあの戯曲を、みんなで一緒に読んでみよう第3弾!
戯曲を読みながら、その世界の風景をたどってみませんか
どの作品を読むかは、来てからのお楽しみです。

日時:1月31日(水)19:00~21:30
会場:KAIKA(京都市下京区岩戸山町440番地 江村ビル2F)
持ち物:水分、筆記用具
参加費:500円

お申し込み:ソノノチFacebookのイベントページにて、参加ボタンを押していただくか、又は、お名前・連絡先を明記の上、ソノノチまでご連絡ください。info@sononochi.com

【ソノノキンとは】
ソノノチでは、公演期間以外にも、能力や体力の維持をしたいと思い、俳優と演出家のための基礎鍛錬の稽古を定期的にはじめました。そして、月に1〜3回ほど、公開でどなたでも参加いただける日を設けています。 ソノノキンは、舞台作品を作るにあたっての、また人と人とがコミュニケーションするにあたってのポイントや課題について、参加者同士が一緒に考えたり、やってみたりするワークショップの場です。徹底的に身体トレーニングやストレッチを行う日もあれば、演技メソッド(手法)の勉強会をしたり、参加者の興味のあることをみんなで試してみたり、台本をつかって作品の試作をすることもあります